成瀬映画に登場する風景


『秋立ちぬ』(1960年) E  NEW2017.4.24

主に東宝映画のロケ地紹介をしているHyper Azabu Tano9の管理人さんから教えていただいた
『秋立ちぬ』のこれまでわからなかったロケ地写真(東京湾埋立地)を掲載します。
現地に行って写真を撮ってきました。
映画の画面写真や地図は下記HPで確認願います。


Hyper Azabu Tano9『秋立ちぬ』D


東京都江東区有明2丁目。
映画で秀男(大沢健三郎)と順子(一木双葉)の二人が埋立地原っぱ
を歩いている右側に映っている小屋のあたりか?



上の写真の逆アングル。
写真の中央にある木々のあたりが、映画で材木が積まれていた場所あたりかと。
高層マンションの右側後方に、映画に映っていた当時の東京ガスの豊洲工場(現:豊洲市場)がある。
現在の風景は変わり果てているが、豊洲工場の位置からすると写真の道を手前から奥に向かって二人が歩いていることになる。
写真の奥を左に曲がったところ(首都高速湾岸線の道またはその少し先)が、映画の中に登場する東京湾であろう。
東京都の資料を見ると、そのあたりは1960年当時はまだ埋められていない。





上の写真の高層マンションの奥を右に曲がったところが、当時もあった東雲運河。
橋(首都高速10号晴海線)の向こうに見えるのが、築地からの移転問題で話題の
豊洲市場の建物。



写真ページへ戻る


トップページへ戻る