成瀬映画に登場する風景


『コタンの口笛』(1959年) ③ NEW 2017.3.20


『コタンの口笛』のロケ地が、北海道千歳市であることはスタッフやキャストの証言で明らかになっている。
グーグルのストリートビューで千歳市の様々な場所を見ていて、「あれ、ここは映画に出てくるロケ地では」と思い調べてみた。
ほぼ間違いない場所なので掲載する。
現地に撮影しに行く機会が無いので、本ロケ地紹介で初めてグーグル地図ストリートビューの写真を使用させてもらう。

ロケ場所は、映画の中盤、美しい娘・フエ(水野久美)がマサ(幸田良子)に
「町に出て何かご馳走してあげる」という台詞の後に登場する川と橋。
川は「千歳川」、橋は「仲の橋」。地図で見ると千歳市役所のすぐ近くだ。

このロケ場所の特定の決め手は、橋に面した教会の建物。
建物は建て替えられているが、現存する「千歳栄光教会」。
教会のホームページに、当時のモノクロ写真が1枚掲載されていて
映画に映っている建物と同じことを確認した。
1951年創立とあるので映画撮影時にはこの場所にあった。
ロケーションはこの場所に間違いない。


写真右上の建物が「千歳栄光教会」。水野久美と幸田良子




上の写真の左側。遠くに見える橋の位置も映画とほぼ一緒。



橋の右側。教会の建物も映っている。



写真ページへ戻る


トップページへ戻る