アマゾンKDP電子書籍第20弾『フィッシングライター陽子』新発売いたしました。表紙写真のために、主人公の名刺を失敗含めて30枚も作ってしまいました。 (2018/6/8) BackNumbers

 主人公は小久保陽子(おくぼ・ようこ)。まずお断りいたしますが、実在の釣りガール小久保領子氏とは全く関係ありません。ほぼ書き上げた時点で「ん? そういえば似た名前の人がいたような」とググって「おおお!」となりました。変えようかと思いましたが、どうせKDPの小説は死ぬほど売れないし、もうほとんど書き終わっていたのでそのままにしました。

 苗字は冒頭に出てくる「オオクボ」「オクボ」のしょうもないやり取りから来ています。大久保でもよかったのですが、オクボのほうが響きがかわいいかなと。

 下の名前は同じくショートカットでボーイッシュなイメージで、荻野目&長山洋子の洋子由来です。今の若いもんは知らんやろうが、長山洋子は昔アイドルだったんだぞ。わしはふたりともLP持っとったんや。

 長良川や揖斐川、大江川、忠類川など実在の釣り場とともに、咲月湖という架空の釣り場が出てきます。咲月湖は最初琵琶湖で書いたのですが、クリティカルな問題を含んでしまうので変更しました。『君の名は。』も岐阜県にはない湖を出していた(岐阜の湖はダム湖ばかりであのような自然湖はない)ので、まあよかろう。琵琶湖で書いていたらどうなるかは読んでご想像ください。

 独立して読める連作短編なので読みやすいと思います。よろしくお願いいたしまする。

Since 2001/6/28

フレームが表示されていないときはここをクリック