2017年12月16日敦賀のメバルです。大江川でスプーンを投げるのにもさすがにめげてきたので魚のアタリくらい感じたいぞと釣行しました。さすが冬の日本海で海は荒れてしぐれていましたが、港の奥のほうでなんとか1匹。 (2017/12/17) BackNumbers

 リールはこの前USアマゾンで買ったミッチェルアボセットRZT500UL。やっぱ軽くて小さいのはいいです。ミッチェルパーレット56ともばっちりです。

 ところがこのリール、アマゾンから届いて箱から出してスプールリング部に指が触れたらザラっという感触がしました。なにぃと思って爪の背でこすってみたら爪がガリガリ削れます。爪が削れてもナイロンは大丈夫なもの(たぶん旋盤目の先だけ殺してある)もあるのでナイロン糸でこすってみたら、糸がたちまちささくれてしまいました。スプールリング部の銀色の部分はダブルアルマイトの2色目なので磨きにくくて磨き残しがあったみたいです。

 糸巻き面側からスプール径が最大になるところまではなめらかで、ひっかかりは最大外周のやや前寄り部分にあるため、キャスト時は大丈夫のはずです。でも、フェザリングで人さし指をスプールリング部に当てたり巻き始めにラインがドラグノブに巻いたりしたら、ラインがエッジの出ている部分に接触します。

 幸い元の色が銀色でアルマイトがはげても目立たないため磨くことにしました。磨くといっても、エッジのある先の部分だけをなでで殺す感じでおこないました。

 2000番の耐水ペーパーと8000番のラッピングペーパー(本当は番手を倍倍にするものだがたまたま持っていたのがこれだった)にボナンザをつけて磨きました。水の代わりにボナンザを使ったのは錆び止めの効果を期待したものです。ボナンザはロッドのブランクなど塗装面に塗るイメージですが、金属の錆び止め効果も意外にあるみたいです。昨年BB-Xリンカイのブレーキレバーのツノをカットしたときに切り口を同じようにボナンザで磨いたところ1年経った今も光沢を維持しています。

 やっぱりスプールのダブルアルマイトはやめてほしいですね。サンプル段階のもあるので一概には言えませんが、撮影用に借りる日本メーカーのリールでも2色目がスプールリング部に来ているものはヤバそうなのが多いです。そうでなくても色の境目には多かれ少なかれエッジが残るわけですし、そんな加工をスプールにするなんて基本的におかしいです。リールにとって一番大事なラインが触れる部分にこんなもんがあっちゃいかんでしょ。『新車情報』だったら「こんなもんはデザイナーのお遊びだあ」とかって三本和彦が激高しちゃうところです(若い人は知らんぞ)。

 ところで『新車情報』って「金は出すけど口は出さない」という約束をスポンサーとしていたんだそうです。いまなら考えられませんわね。

Since 2001/6/28

フレームが表示されていないときはここをクリック