2019年4月20日揖斐川水系のイワナです。そういえばカーディナルC3で初めて魚を釣りました。 (2019/4/20) BackNumbers

 こないだの写真では青緑のラインが巻いてありました。あれはサンラインのエリア用(廃版)の1号5lbでした。何年か前クリアーのラインを使ったらよく釣れたような記憶があって、なんとなく定期的にクリアーとか蛍光でも青緑っぽい目立たない系を使いたくなります。

 で、この日も引き続き青緑のラインを使っていたのですが、やっぱり水面がぎらつく川では見えません。どこをルアーが泳いでいるかさっぱりわからないので、場所移動のときに予備で持っていった33から50cm交互でクリアと蛍光黄緑が入っているファメルトラウトを移し替えました。仮に影響があったとしてもわけわからんままルアーを引くよりまずっとマシです。……って、こうして毎度色付きに戻っとる。われながら学習能力ゼロやな。

 C3はスカスカに遊びのあるストッパーがとてもよろしい。ラインピックアップ楽々です。遊びがあるからといって不具合もありません。ホント90年代に瞬間ストッパーを採用していったメーカーはスピニングリール使ったことなかったんだろうなとあらためて(マジで出たときあほかと思ったし実際使ってあきれたもん)。

 C3はランカーギア56ULと初めて組んで、振りバランスの良さに感心しました。なるほどなるほど再びナットク。これでバネさえ折れなきゃねえ。

 ところで小説出したんですよ。

 KDP小説第三弾『フィッシングライター陽子』、超々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々絶賛発売中です。

 『特化型リールの理由』に続き『Reel Review』も発売いたしました。あの(どの?)15ルビアスの紹介記事も収録。きっとあの記事のドラグ特性実験を見た人は「ATDとUTDだけやなくてシマノも比べんかい!」と思ったことでしょう。なこたあ作っとる側が一番思っとるんじゃ。というわけで、しれっとシマノのデータを加えてあるのはここだけの話。

 「釣り」カテゴリ独走中(?)です。

Since 2001/6/28

フレームが表示されていないときはここをクリック