Kimiyo Ogawa official website
 
 
 
 
 
 
 
   

Infinity(2020年)
 

sola en Buenos Aires,yo estoy aqui(2018年)
 

Nomad(2012年)
 

Encuentro(2010年)
 

CRUZ DEL NORTE(2009年)
 

月ノ光(2007年)
 
Discographyで試聴できます。
 

 

小川紀美代(バンドネオン奏者)

日大芸術学部卒。バンドネオンの音色に魅せられて、ほぼ独学で奏法を学び始め、2001 年単身ブエノスアイレスに渡る。

2003年、アルゼンチン最大の音楽祭「コスキン・フェスティバル」に日本代表として出演、2005年には大統領府博物館ホール他4ヶ所の公式コンサートに参加、現地ミュージシャンとのレコーディングや共演も多く、2010年の南米ツアーで好評を博する。パタゴニア・トレレウ市ではコンサートツアーの際、その業績を認められて名誉市民となる。2011年、札幌から沖縄までの20日間に渡る日本ツアーでは被災地でのチャリティーコンサートも行なった。

2012年パリ公演。ライフワークとするソロでは、ヨーロッパや、マレーシア、香港、カンボジアなどのアジア諸国でも高い評価を受けている。2007年からは、韓国で行われているアートフェスティバルに毎年招聘されるなど、アルゼンチンタンゴに限らず、CM音楽や劇伴への参加、演劇やダンス、映像、現代美術などとのコラボレーションに積極的に取り組んでいる。2016年バンクーバー、韓国公演。韓国ではマスタークラスも開催。

2017年、コスキンフェスティバルに2度目の日本代表として出演。ブエノスアイレスでのコンサートでは現地ミュージシャンや日系移民の方々の歓迎を受ける。この時コンサートに招待されていたアニバル・トロイロの孫であるフランシスコ・トルネ氏と親交を深める。2018年2月、ブエノスアイレスにて伝説のバンドネオン奏者アニバル・トロイロが実際に使用した愛器(アルゼンチン国立タンゴ博物館所蔵)でレコーディング、7月にCDリリース。10月にはトロイロのバンドネオンがフランシスコ氏と共に初来日。歴史的な楽器を携えて福島、名古屋、大阪、東京、横浜と10日間に渡る日本ツアー”Encuentro con Anibal Troilo 2018”を行う(アルゼンチン大使館後援事業)。また、アニバル・トロイロのドキュメンタリー映画”Pichuco”の日本語字幕版を制作。コンサートと映画上映による企画でタンゴ、アルゼンチン文化の普及に努める。

また、バンドネオンオーケストラ「蛇腹隊」を主宰するなど、後進の育成にも力を注ぐ。近年、蛇腹隊と共に福祉施設や被災地復興イベントにも積極的に参加している。

その他、幅広いジャンルのミュージシャンとのライブ演奏やレコーディングに参加している。
国内外でも数少ない女性奏者。

 

小川紀美代official web site
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kimiyo/

#日亜修好120周年記念公演~タンゴの偉大なるマエストロ、アニバル・トロイロへの オマージュ~”Encuentro con Anibal Troilo 2018”
https://bnproject.wixsite.com/pichuco

#CD
2020 Infinity (KAZANE RECORS)
2018 sola en Buenos Aires,yo estoy aqui ブエノスアイレスにひとり、私はここにいる (KAZANE RECORS)
2012 NOMAD:ノマド (KAZANE RECORDS)
2010 ENCUENTRO:エンクエントロ〜出逢い〜 (KAZANE RECORDS)
2009 CRUZ DEL NORTE:北の十字架 (KAZANE RECORDS)
2007 月ノ光 TSUKI NO HIKARI (KAZANE RECORDS)
2006 TANGOLOID:タンゴロイド (Zipang Products)
2003 JUNTA BURAVA:フンタブラーバ (Classic Catalog company)
2001 TANGO PASSION:タンゴパッション (KAZANE RECORDS)

他、参加レコーディング多数

#youtube
小川紀美代ライブ映像
https://www.youtube.com/results?search_query=office+kazane2

バンドネオン教室発表会など
https://www.youtube.com/results?search_query=officekazane4

<出演依頼やレッスンに関するお問い合わせ>
出演のご依頼、レッスンのお問い合せ等は[CONTACT]からご連絡ください。

Kimiyo Ogawa (Bandoneon)

Kimiyo Ogawa is one of the few women bandoneon players in the world. A graduate of Nihon University College of Art, she was captivated by the sound of the bandoneon and taught herself to play. In 2001 she traveled to Buenos Aires to further her studies. She represented Japan at the 2003 Festival de Cosquin (Argentina’s largest music festival) and in.
2005 performed at four other official concerts including one held at the Museum of La Casa Rosada, the offices of the President of Argentina.

She has since performed and recorded with many local artists including Juan Carlos Carabajal and Gustavo Ariel Jones. In 2010, she toured Bolivia, Patagonia, and Buenos Aires with charango player Daiji Fukuda and zampona player Hiroyasu Okada to great critical acclaim. The city of Trelew, Patagonia made her an honorary citizen for her recordings and performances with Gustavo Ariel Jones.

In 2011, Ogawa invited Argentine pianist Jose Hernan Cibils, who is based in Germany, to tour with her in Japan. They toured the length of the country from Sapporo to Okinawa in 20 days, including a charity concert in the earthquake- stricken northeast. Ogawa also performed with pianist Gabriel Vallejo and other local musicians in Paris in 2012.

Ogawa considers performing solo as her life’s work. She has toured to high acclaim in Europe and Asian countries such as Malaysia, Hong Kong, and Cambodia. She has been a regular at Asian Art Exchange, an arts festival in South Korea, since 2007. Not limiting herself to Argentine Tango, she collaborates with musicians and artists in diverse genres for CD recordings, concerts, theater and dance performances, and video and film production, and contemporary art events.

In 2017, Ogawa represented Japan for the second time at Festival de Cosquin. Her concert in Buenos Aires was well received by local musicians and Japanese immigrants to Argentina. She developed a friendship with Francisco Alejandro Torne, the grandson of the legendary maestro Anibal Troilo, who had been invited to the concert.

In February 2018, Ogawa recorded tango music played on Troilo’s beloved bandoneon, now owned by the World Tango Museum in Buenos Aires. The CD will be released in July and a live tour with the instrument in Japan is scheduled for October.

Ogawa has performed live and recorded with many other musicians of diverse musical genres. Also dedicated to teaching, she runs Jabaratai, a bandoneon orchestra.

For more information, visit:
Kimiyo Ogawa official website:
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kimiyo/

Discography (CDs)
sola en Buenos Aires,yo estoy aqui (Kazane Records, 2018)
Nomad (Kazane Records, 2012)
Encucentro (Kazane Records, 2010)
Encucentro (Kazane Records, 2010) Tangoloid (Zipang Products, 2006)
Junta Brava (Classic Catalog Company, 2003) Tango Passion (Kazane Records, 2001)

YouTube
Live performance:
https://www.youtube.com/results? search_query=office+kazane2

Bandoneon school recitals, etc.
https://www.youtube.com/results?search_query=officekazane4

Copyright © Kimiyo Ogawa. All Rights Reserved.