TOP | Info |CG| Comic | Link | BOOK | Dojin |


    Amazon
ページ



既刊  


ほのぼの日常漫画4巻出ました!

 

:: site name New's Network ::
:: site master 新田 紫(にった むらさき) ::

New's NetworkはCGサイトです。
オリジナルを中心に、版権モノなど。

Japanese Version Only...

ご感想・連絡などございましたら、
↓のTwitterにでもぜひぜひ。


What's New
個人誌
情報
☆個人誌Vol.1~5までを絶版としました。
☆Vol.6は出そうと思っていましたがHDDクラッシュにより断念致しました。
電子書籍
情報
最新刊詳細情報TOPICにて。

・2428 1~6巻
・ほのぼの日常漫画 3巻 
・イヌーイさん 2巻
Amazon Kindleにて取り扱い中。
 さらに詳しくは電子書籍ページにて。
2020.5.24 TOPICに2428 24話 その26-28 【春海先輩も色々思うところはあった】
☆頁リンク 26 27 28
2020.5.17 TOPICに2428 24話 その24-25 【そもそもなに泣いてんだって話ではあるが】
☆頁リンク 24 25
2020.5.10 TOPICに2428 24話 その21-23 【永遠の愛の証だった】
☆頁リンク 21 22 23
2020.5.3 TOPICに2428 24話 その19-20 【誓…い…?】
☆頁リンク 19 20
2020.4.27 TOPICに2428 24話 その17-18 【余裕の妹】
☆頁リンク 17 18
 




:Special Thanks to:
-サイト・CGを紹介して頂いたことのあるサイトさん-
…情報は、リンク切れもありましたので再構築中…



Reply window 
履歴
     
 最新刊情報  
2020
3/3
 
☆ほのぼの日常漫画 4巻
 1.連載版と単行本版の違いについて

  

 2.オマケを沢山入れています
。代表的なものとして、新作描き下ろし読み切り葉元くんと少女】(27頁)を収録。

《葉元くんと少女 内容紹介》

【あらすじ?】
 葉元くんは右側にいる子で、柚実のクラスメイト。
ランドセルを持っている、ということは、これはつまり学校帰りですね?
何の用事なんでしょうか?


でも、アクシデントが起こって柚実さんにはなんだかわからないまま葉元くんは退散。
もちろん気になる柚実さんは、翌日聞いてみます。でも葉元くんの様子がさらにおかしいぞ??



結局疑問は一切解消されないまま…
そんな状態でマナナ(左)とフミ(右)も何か張り切っているようですよ!これは柚実さん仲良しグループと謎の葉元くんが一触即発(?)なのか!?



…って



君江さんは何ワクワクしてんの!?

…詳しくは単行本でどうぞ。

【内容詳細】
★は描き下ろしです。

1.兄と少女(28P)(★連載版から1頁追加)
 ★兄と少女 1コマ(1P)

2.激突!姉妹?椅子取り合戦(23P)
 ★激突!姉妹?椅子取り合戦 1コマ(1P)

3.フミちゃんと少女(29P)
 ★フミちゃんと少女 1頁漫画(1P)

4.★1頁漫画特集(10P)
 ★1頁漫画特集 1コマ(1P)

5.★葉元くんと少女(27P)
 ★葉元くんと少女 1コマ(1P)

6.★ピンポイント解説(7P)

8.★反省会(3P)
  →4巻での行動を、それぞれのキャラに反省してもらいます。

10.★キャラ名鑑(2P)
 ・小谷内 文香 / 葉元 了

24.★奥付 【葉元くんと少女】の後日談1コマ漫画。

25.★裏表紙 【葉元くんと少女】のさらに後日談1コマ漫画。





 
     
Topic
 
 
5/24

               -26ー


               -27-


               -28-

☆2428 24話 26-28頁目【春海先輩も色々思うところはあった】

【兄と結婚式】というパワーワードも置いておけるくらいのレベルで純佳との会社での数年間が蘇ってしょうがない春海先輩なのであった。
そしてキレイなことには異論がない桜子さんなのであった。

☆気温が上がったり下がったり!…というのはともかく前回更新をご紹介頂いた皆様ありがとうございました!
Twitterで更新ツイートをRTして頂いた皆様、誠にありがとうございました!

気温が上がったり下がったり晴れたり雨降ったり台風1号がまさかの直撃するかと思ったらそうでもなかったりと天気がすごいことになってますが、わたしはげんきです。

そんな間にも、緊急事態宣言も解除されたところも多くて良かった良かった。
このページのActive Case(治療中)も4/27をピークに減少傾向、New Case(新規感染)も4/11-4/15の740人前後をピークに現在100人以下、と良い感じですね。

私結構統計の数値はこまめにチェックしてまして…

1月ー3月は100万人あたりの死亡者が0.4、でしたので、個人的にはココまでが第一波、と捉えています。

3月下旬から欧州で変異した第二波の感染が始まり、100万人あたりの死亡者は3月下旬~4月上旬の短期間で急に3-4に跳ね上がります。現在は6ですので、1-3月に流行った第一波(中国型)と比べて、いかに第二波(欧州型)の致死率が高いかがわかります。15倍?(といいますか、第一波の毒性が低すぎたことで第二波の対応が慌てた感があります)

今後どこで変異して毒性がどう変わるのかわかりませんので、依然として予断は許しませんが、第一波、二波の経験で、医療資源、経済への影響も含めた対応について世界的な標準が出来てくると思いますので、今後第三波、四波が来たとしても効率的に対処出来るようになるんじゃないかな、と期待しています。
人類は知識を蓄えて知恵を絞ることが出来ると思うんですよね。

今後色々やりたい事は沢山ありますので!オリンピックに関しては未知数ですが、警戒→解除→警戒…と繰り返すにしても、警戒期間に【解除された期間にやりたいことをストック】して!解除されたら適度に楽しんで…と、出来る範囲で楽める事を探して行きたいところですね!
 
 
 
 
5/17

               -24ー


               -25-


☆2428 24話 24-25頁目【そもそもなに泣いてんだって話ではあるが】

頼りになるなあ…じゃないよ!(笑)
っていうかもう全員結婚式の雰囲気に飲まれている感が…!
春海先輩に至ってはもう終始泣いてるし!

☆食料品があったりなかったり!…というのはともかく前回更新をご紹介頂いた皆様ありがとうございました!
Twitterで更新ツイートをRTして頂いた皆様、誠にありがとうございました!

なんか一時期軒並みなくなった事があったと思うんですが、それはだいぶ解消されてきたにしても、未だに無いものが散見されますねえ。
で、私が一番困っていたのが【日清ソース焼きそば(袋麺)が無かった】という事だったのだ…!深刻な日清ソース焼きそばロスが2週間程続いていて傷心だったのですが、最近ようやく見かけるようになりました。他の袋麺焼きそばはあったのになぜ日清ソース焼きそばだけ…ハッ、みんな日清ソース焼そばが美味しいことを知っていたな…!そして私は敗れたのだ…この日清ソース焼きそば戦争にな!(倒置法)

と、いうことで再び見かけるようになってきたのでまた美味しく頂こうと思います。

サブリミナルどころじゃない【日清ソース焼きそば】文字列の量。
 
5/10

               -21ー


               -22-


               -23-


☆2428 24話 21-23頁目【永遠の愛の証だった】

いつだったか、【兄くんの指輪を買う】というお話をしていて、純佳さんは兄くんのイニシャル…いえ、sumiKaのKを入れてしまっているので見られるわけには行かない!みたいな事を言っていましたが、無事同じものを買っていたようですよ。
…いずれ指輪を買った話も回想として描きたいところ。

☆地震が頻発する関東こわー!…というのはともかく前回更新をご紹介頂いた皆様ありがとうございました!
Twitterで更新ツイートをRTして頂いた皆様、誠にありがとうございました!

千葉北東部震源(5/4)、千葉北西部震源(5/6)、と連休中に緊急地震速報が2回おきてビックリしました。北西部震源はまあよくあるんですが、驚いたのは5/4の北東部。あんまりここが震源になった、というのを見たことが無いんですね。大概は【沖】の海中震源だったりするのです。しかも!確か第一報は【茨城県神栖市震源】だったんですよ!
…だからなんだ、という話なんですが(笑)
つまり終始何を言いたいのか、というと、鹿島神宮から香取神宮の間のエリアって、伝承では【地震を起こすオオナマズが封印されている地域】なのですね。
頭と尻尾を要石で抑えている…という伝承がありまして、だから怖い、という訳では無くて、そういう伝承があるくらい、あの辺には地震に関してなにかあるんじゃないか、と思うのです。

…いえ、なにもない方がいいんですけどね!?



【Thanks for 25,200,000 hits over!!】
Total HIts

このサイト内のバナー以外の画像及び文章等の無断転載、掲載を禁止しています。

Since 2001.09.08

Copyright (c) 2001-now
Nitta Murasaki. All rights reserved