TOP | Info |CG| Comic | Link | BOOK | Dojin |


    Amazon
ページ



既刊  


2020年!

 

:: site name New's Network ::
:: site master 新田 紫(にった むらさき) ::

New's NetworkはCGサイトです。
オリジナルを中心に、版権モノなど。

Japanese Version Only...

ご感想・連絡などございましたら、
↓のTwitterにでもぜひぜひ。


What's New
個人誌
情報
☆個人誌Vol.1~5までを絶版としました。
☆Vol.6は出そうと思っていましたがHDDクラッシュにより断念致しました。
電子書籍
情報
最新刊詳細情報TOPICにて。

・2428 1~6巻
・ほのぼの日常漫画 3巻 
・イヌーイさん 2巻
Amazon Kindleにて取り扱い中。
 さらに詳しくは電子書籍ページにて。
2020.2.16 TOPICにほのぼの日常漫画 30話 その22-23 【次元は歪む】
☆頁リンク 22 23
2020.2.9 TOPICにほのぼの日常漫画 30話 その19-21 【ぱーんつじゃねえよ】
☆頁リンク 19 20 21
2020.2.2 TOPICにほのぼの日常漫画 30話 その16-18 【たまには真面目君江さん】
☆頁リンク 16 17 18
2020.1.26 TOPICにほのぼの日常漫画 30話 その14-15 【ぺろッにイラッ】
☆頁リンク 14 15
2020.1.19 ☆TOPICにほのぼの日常漫画 30話 その12-13 【投票の決め手】
☆頁リンク 12 13
 




:Special Thanks to:
-サイト・CGを紹介して頂いたことのあるサイトさん-
…情報は、リンク切れもありましたので再構築中…



Reply window 
履歴
     
 最新刊情報  
2019
9/15
 
☆2428 6巻
 1.連載版と単行本版の違いについて

  

 2.オマケを沢山入れています
。代表的なものとして、新作描き下ろし読み切り18.5話 買い出し兄妹】(22頁)を収録。

《18.5話 買い出し兄妹 内容紹介》

18話 2nd dayの最終頁で
圭一郎 「朝食はお前も一緒に買いに行くんだよ」いってらっしゃいのチューじゃねえよ
純佳  「ハイッ!!すぐ準備しますっ!!」何重にも恥ずかしい!!

と言っており、2人は朝食を買いに出かける様子でした。
その日は果たしてどんな1日だったんでしょうか…というお話。なんでこれが本編じゃないのか、と思わないでもない、【18話 2nd day】と【19話 夫婦兄妹?】の間のお話です。

【あらすじ?】
 朝食を買いに行く予定でしたが、結局ファミレスで朝食を摂った2人。


そこで今日の予定を考えるのですが…


そういや生活必需品がなんにもないわ!まあ忙しい間は外食で済ませるという手もあるにはあるのですが、1日で出来る限り取り揃えようと



食品スーパーを見たり、周辺のお店を回ります。



そして2往復もしたのにまだ時間があるぞ!
これは結構色々な品を取り揃えられそうだ!

…って



なんだその顔!?

…詳しくは単行本でどうぞ。

【内容詳細】
★は描き下ろしです。

1.2nd day編(28P)
 ★2nd day編 1コマ漫画(1P)

2.夫婦兄妹?編(30P)
 ★夫婦兄妹?編 1コマ漫画(1P)

3.夫婦兄妹2編(28P)
 ★夫婦兄妹2編 1コマ漫画(1P)

4.★特別編 買い出し兄妹(22P)
    ★買い出し兄妹 1コマ漫画(1P)

5.★ピンポイント解説(6P)

6.★反省会(3P)
    →6巻での行動を、それぞれのキャラに反省してもらいます。

7.★キャラクター名鑑
    青八木 達弥/三ツ原 檀

8.★奥付 買い出し兄妹のその後 1コマ。

9.★裏表紙 夫婦兄妹?編のその後 1コマ





 
     
Topic
 
 
2/16


                    -22-


                    -23-


☆ほのぼの日常漫画 30話 22-23頁目【次元は歪む】

小さい頃から娘のぱんつに虐げられてきた母・君江さん(?)。
物凄い子どもたちを可愛がって楽しんでいる君江さんですが、娘達が楽しいかどうかは謎に包まれている。

…割と家に居るときの君江さんとゆみもこ姉妹はこんな感じですよ…。
君江さんは子どもたち大好きなので楽しいんですが、小学生姉妹はみるみる消耗していきます(笑)

☆先週寒いとか言ってましたが…4月の陽気とかどういうことなんだ!というのはともかく前回更新をご紹介頂いた皆様ありがとうございました!
Twitterで更新ツイートをRTして頂いた皆様、誠にありがとうございました!

梅の花が満開になりましたねえ~と思ったらもう暑い。梅→桃→桜という感じなんですが、これ気温的には梅→桜に行きかねない。
で、気温が乱高下してる時に気圧も乱高下とかすると、てきめんに皮膚に出ますのでこまります。カサカサしはじめる。様子が変わったな?と思った瞬間にはなにか手を打たないと、大概悪化する一方ですので、早めのハンドクリームなりボディクリームなりを心がけるといいですよ。いいですよっていうかやんないとほんと大変なことになりますよ。
人生で一番無駄なのって、病院に行くことだと思うんですよね…1時間2時間待たされて、基本いい思いはしませんからね…マイナスをゼロに戻すだけで…。
日頃出来ることがあれば、やって損は無い。
 
 
 
 
2/9


                    -19-


                    -20-


                    -21-

☆ほのぼの日常漫画 30話 19-21頁目【ぱーんつじゃねえよ】

洗濯物をなくす自体はありがちなんですが、ありがちの頻度が普通と違う君江さんなのであった。
そういうところが娘達の信用を無くしていくんですよ!

☆立春も過ぎ、ようやく春めいて来ましたねえ…………どこがだよ!寒ぃーよ!…というのはともかく前回更新をご紹介頂いた皆様ありがとうございました!
Twitterで更新ツイートをRTして頂いた皆様、誠にありがとうございました!

2月4日が立春。で、その前日が節分、ということで、豆をまいたりTwitterでも魔を滅した旨中二病めいたツイートしたりと季節イベントを満喫しました。私はこういう季節イベントって凄い大事だと思っていまして…いえ、儀式として、とかじゃなくて。
日々普通に過ごしていると、長期休暇がある学校はまだしも、社会人は【区切り】が無かったりしますよね。なので、延々と変わらない一日が続いてしまうのです。
でも、節分に豆をまくとか、こどもの日は柏餅を食べるとか、そういう【季節イベント】をすることで、日常をそのポイントで強制的に区切るのです!別にやってもやらなくても日常が変化するわけではないのですが、自分の意識を変えることは出来て便利なんですよね。意味がよくわからないものでも、そういうイベントを残してくれたのは先人の知恵でしょうから、受け継いでいっても損はないかなあ、と。

…そして…急に気温が下がって立春?といった感じの昨今の関東ではありますが、周囲では梅の開花がちらほら見られますので、ちゃんと春めいてはきてますよ(笑)
 
2/2


                    -16-


                    -17-


                    -18-

☆ほのぼの日常漫画 30話 16-18頁目【たまには真面目君江さん】

先週ちゃんとしろーといった母は今週割とちゃんとしてました。無理ではなかったことをお詫びして訂正致します(?)
ちゃんと喋ってる、ということは、それくらい娘たち…特に萌詩さんの、【ともすれば理論に傾きすぎる】部分を心配しているのです。

☆先日、櫻木神社(千葉県野田市)に行ってきました!元気!…というのはともかく前回更新をご紹介頂いた皆様ありがとうございました!
Twitterで更新ツイートをRTして頂いた皆様、誠にありがとうございました!

櫻木神社は平安時代からある神社で、実は古墳時代の桜台遺跡の上に建っており、土地としては3-4世紀くらいから(1700年くらい)歴史がある場所だそうで、いい場所ですよ。なんか住宅街にあるのでうろうろうろうろしましたが!(笑)
そして例によっておみくじを引いたんですが…半吉でした!半吉!?(笑)前半で結構厳しいことが書かれてるんですが、後半で物凄いいいことあるよみたいな感じの、どっち!確かに半吉だけども!という運勢でした。初めて引いた半吉。
そして、そのおみくじで面白いと思ったのは…私が引いたおみくじは、スタンダードな…八角柱をからから振って棒を引いて、引き出しから出すおみくじがだったんですけど、運勢が【漢文】で書いてあるんですよ!
一般的には、【漢文】はお寺、【和歌】が神社だったと記憶しているんですが、神社で漢文…ということは、元々は神社の境内にお寺がある、神仏習合した場所で、その後おそらく明治の廃仏毀釈で神社主体になって、でもおみくじにだけ神仏習合していた頃の風習が残ってるんじゃないか…とか。
あんまりこういうの見たこと無かったのですが、意外とあるんでしょうか。面白い。



【Thanks for 25,200,000 hits over!!】
Total HIts

このサイト内のバナー以外の画像及び文章等の無断転載、掲載を禁止しています。

Since 2001.09.08

Copyright (c) 2001-now
Nitta Murasaki. All rights reserved