TOP | Info |CG| Comic | Link | BOOK | Dojin |



既刊
- 2428 -


Bookwalker

Kindle
-----

Bookwalke
r
Kindle

-----

Bookwalker

Kindle
-----

Bookwalke
r
Kindle
-----

Bookwalker

Kindle
-----

Bookwalker

Kindle

-----

Bookwalker

Kindle

-----

Bookwalker
Kindle


- 日常漫画 -


Bookwalker

Kindle


Bookwalker
Kindle


Bookwalker

Kindle


Bookwalker

Kindle


- イヌーイさん -


Bookwalker

Kindle



Bookwalker
Kindle

   
 
 Bookwalkerリンク
Kindle
最新刊 シリーズ別 最新刊
電子書籍
ページ
 New!!

Bookwalker

Kindle
 bookwalker

Kindleリンク 
 bookwalker
 

Bookwalker

Kindle

Bookwalker

Kindle

Bookwalker

Kindle
2024年!

 

:: site name New's Network ::
:: site master 新田 紫(にった むらさき) ::

New's NetworkはCGサイトです。
オリジナルを中心に、版権モノなど。

Japanese Version Only...

ご感想・連絡などございましたら、
↓のTwitterにでもぜひぜひ。

What's New
個人誌
情報
☆個人誌Vol.1~5までを絶版としました。
☆Vol.6は出そうと思っていましたがHDDクラッシュにより断念致しました。
電子書籍
情報
最新刊詳細情報TOPICにて。

・【2428】 1~7巻
・【ほのぼの日常漫画】 4巻 
・【イヌーイさん】 2巻
・商業誌掲載4コマ集 【そんな日常な。】
・【短編&クロスオーバー作品集】

Amazon Kindle/Bookwalkerにて取り扱い中。
 さらに詳しくは電子書籍ページにて。
最新刊詳細については最新刊コーナーにて。
2023.5.19 TOPICにて、2428 34話 7-8頁目【色々あってこうなった純佳さん】
☆頁リンク  
2023.5.12 TOPICにて、2428 34話 5-6頁目【おみやげケーキ満喫中】
☆頁リンク  
2023.5.5 TOPICにて、2428 34話 3-4頁目【いや、プリンターがすごい】
☆頁リンク  
2023.4.28 TOPICにて、2428 34話 1-2頁目【体感昨日の今日で、みたいなかんじ】
☆頁リンク  
2023.4.21 ほのぼの日常漫画 35話 21-31頁目を含む1-31頁目をKindleインディーズコミックに登録しました(無料:Amazon Kindleインディーズコミックサービスを利用しています)
TOPICにて、ほのぼの日常漫画 35話 21-31頁目【珍しく攻め大樹くん】についてぶつぶつと。
 




:Special Thanks to:
-サイト・CGを紹介して頂いたことのあるサイトさん-
…情報は、リンク切れもありましたので再構築中…



Reply window 
履歴
     
 最新刊情報  
2023
9/11
 

☆2428 第8巻
1.内容について:
 まただいぶ長いこと新刊を出していませんでしたがようやく出ました!

☆連載部分についても大量の修正が施されています。

☆漫画1話ごとに、最後に1コマ漫画が追加されています

☆描き下ろし16頁漫画 【旅行後~桜子編】を追加。

☆描き下ろし14頁漫画 【旅行後~春海編】を追加。

 双方描き下ろし共に、純佳と圭一郎と共に旅行からの帰宅後の桜子/春海の様子を描いています。

☆細かい部分について文章での解説ページを追加。

☆収録の3話について、登場人物が反省会を行います。


ではさっそく描き下ろし2本の1頁目をどうぞ。

《内容紹介:旅行後~桜子編》



 結婚旅行?から帰ってきた桜子さん。
お土産を眺めながら、今回の旅行について振り返るようですが…
描かれていないなにかがあったのでしょうか!?

《内容紹介:旅行後~春海編》



結婚旅行?から帰ってきた春海。
酒豪の春海は早速、お土産のお酒を取り出しているようです。

さて、春海にも、連載時は描かれなかったなにかが起きているの
でしょうか…!?

ぜひぜひお読んで頂ければ!

【目次】
★は描き下ろしです。

1.新婚旅行編 4
 ★新婚旅行編 1コマ漫画
2.新婚旅行編 第2幕 37
 ★新婚旅行編 第2幕 1コマ漫画
3.新婚旅行編 第3幕 70
 ★新婚旅行編 第3幕 1コマ漫画
4.★特別編1 旅行後~桜子編~ 101
   ★旅行後~桜子編~ 1コマ漫画
5.★特別編1 旅行後~春海編~118
   ★旅行後~春海編~ 1コマ漫画
6.★ピンポイント解説 133
7.★反省会 140
8.★奥付 新婚旅行編のその後 1コマ 141
9.★裏表紙 新婚旅行編のさらに後 1コマ 142

Bookwalkerリンク

 
     
Topic
 
 
5/19






                             -7-



                             -8-



☆2428 34話 7-8頁目【色々あってこうなった純佳さん】
 【高いところにあるものを、背の高い人に取ってもらう】のは にここさんにとっては当たり前のこと
なんですが、純佳さんは絶対にそんなことはしないです。

 とはいっても、兄くんが積極的にそういう教育をしている訳では無いんですよ(笑)

兄くん自身が、そもそも自分で出来ることは自分でやるタイプの人なんです。
それを見ていたから…というのもあるんですが、こう仕上がっているのは他にも要因がありますので、
それは後々…

------------------------------------------

☆先日安房神社にも行った話の続きですよー!…というのはともかく、前回更新をご紹介頂いた
皆様ありがとうございました!

X(旧Twitter)で更新ポストをリポスト&いいねして頂いた皆様、誠にありがとうございました!

 安房神社を参詣することは決まっていて、前回参詣時は道の駅の潮風王国で魚を買って帰ったの
ですが、今回も同じルートでは面白くないなあ…ということで、全国唯一の料理の神様を祀る…と言われ
ている高家神社に参詣することにしました。

料理の神様…居るとしたら、伊勢神宮とか京都とかじゃないんですか?と思うんですが、なぜ千葉の館山
に…
 由緒としては、西暦700年代景行天皇(けいこうてんのう)が王子・日本武尊(やまとたける)の東国
平定の事績を偲んで鋸南の浮島の宮に行幸した際、料理を振る舞ったのが磐鹿六雁命
(いわかむつかりのみこと)と言われており、要するに料理が美味しかったから若狭国・安房国を与えられ
るとともに膳大伴部(かしわでのおおともべ)と呼ばれる天皇家の料理人…要するに料理大臣みたいな
感じでしょうか。すごい役職になったよ、というお話で。

だから内房鋸南町、東京湾に浮かぶ浮島の神社には景行天皇・日本武尊・弟橘媛・磐鹿六雁命が祀られ
ている…ということなんですが…まあここまでは良いんです。
(ちなみに弟橘媛は、日本武尊東征の際 荒い海を鎮める為に犠牲になった、日本武尊のお后だったと思います。)

しかし、今の高家神社って外房側で…そんな料理と縁がなさそうな場所なんですよね(笑)
ただ、江戸時代こちらにある桜の木の下から、御神鏡を発見したのが高家神社の始まりだそうで。
鏡面に磐鹿六雁命、って書いてあったらそりゃもうちゃんとした神様ですよね…
御神鏡の発見は1600年代なんですが、1800年代に入ってから、ちゃんと京都御所の神祇官からも
認められ、所在不明だった高家神社が復興された、という。

これがいったいどういうことなのか…と想像しますと、安房国を任された磐鹿六雁命が、京都から任地を
視察する際、外房館山の地に居を構えていた為、ここに高家神社が出来、一度廃れて土に帰ってしまった
けど後世掘り返された、というストーリーがあったのかなあ…と。
そう思うと感慨深いものがあります。今は無いものを想像して楽しむのが歴史ですからね(笑)
そういうのも楽しい。

で、以前高家神社を参詣した方から、大したことなかったよー、みたいなお話を聞いていましたので、そこ
まで期待はしていなかったのですが、予想に反して茅葺屋根の立派な神社でした!

参道にはツツジが咲き、階段を登ると小ぶりながら立派な社殿。
茅葺きって大変なんですよね…。近代に改修した神社では、手入れしやすい銅板で覆われていたりします
し。

茅葺きを続けられている、というのは、料理関係者から大事にされている証拠ですね!
日本では、あらゆるものに神が宿りますので!それぞれ大切にして頂きたいところです。

ということで無事参詣した後は、予定通り道の駅・千倉潮風王国に立ち寄りまして魚買って帰りました。
お魚…美味しい…しあわせ…。
 
 
5/12






                             -5-



                             -6-



☆2428 34話 5-6頁目【おみやげケーキ満喫中】
 このお土産ケーキは、にここさん家の近辺のケーキ屋さんで購入しています。
…とは言っても、歩くと結構遠い距離。

にここさんは実家が良いとこにありますので、徒歩数分圏内に私鉄駅2駅、10分ちょっとでJR駅もあり
ます。
そんな便利な場所に住んでいるんですが、実はケーキ屋さんはその3駅近辺ではなく、JR駅を超えた
向こう側にある、別の私鉄駅近辺にあります。

前日に買いに行き、冷蔵庫で保存していました。

ちなみに購入したケーキは、レアチーズケーキ。
パッションフルーツ風味のガナッシュ層の上にレアチーズ層を乗せたもののようですよ。美味しそう。

------------------------------------------

☆先日安房神社にも行きましたよー!…というのはともかく、前回更新をご紹介頂いた皆様ありがとう
ございました!

X(旧Twitter)で更新ポストをリポスト&いいねして頂いた皆様、誠にありがとうございました!

前回墓参しがてら上野に遊びに行ったお話しましたが、その後安房神社にも参拝しました。

普段、健康のために極力歩くようにしているんですが、歩くことに主眼をおいていると車乗らなくなるんですよね…
あんまり車に乗らない状態が続くのも、バッテリーに悪いので!
今年も安房神社までドライブしてきました。

安房神社はなんだか好きで、割と毎年行ってるんですよね…一応ウチは下総国ですので、一宮行こうと思ったら
香取神宮なんですけど、なぜか安房神社行く気になる…といいましょうか。
その間にも、上総一ノ宮・玉前神社とかあるんですけど!なんか好きなんです。安房神社。

いつも通り楽しく運転して、安房神社に参拝。
安房神社の拝殿って、以前も書いたかと思うんですが、鏡がちょうど人間の顔の高さに合ってまして。
正面から参拝すると、鏡に自分が写るんです。
これ結構珍しいと思うんですよね…他の神社であんまり経験したこと無くて。

で、安房神社には上の宮と下の宮、と2つ拝殿がありまして。
上の宮では天太玉命、下の宮では孫神の天富命をお祀りしています。
もちろん双方きちんとお参りしまして。

そこから階段を降りますと御神木がありますので、眺めながらちょっと休もうかなーと思っていたところ…
その日は無風の日だったんですが、なんかわかりませんが御神木の周りだけ風が吹いてる、という不思議な
感じに…!
御神木から見える、池の向こうの木は揺れてない…風吹いてない…
拝殿の方の木を見ても揺れてない…どこから吹いているんだろう、と周囲の木を見回したんですが、神饌所の
近くの木も揺れてない。神饌所より下の宮寄りの木は揺れている…ということで、どうやら下の宮と神饌所の間
の裏山から、御神木に向けて吹き下ろしている?ようでした。
狭っ!風の吹く範囲狭っ!

まあ自然現象って良く分かりませんしね(笑)不思議なこともあるよなーっていう。

さて、今回の安房神社参拝はここで終わりなわけですが、このあとどこ行こうかなーどこの道の駅行こうかなー
…というのは以下次回。
 
 
5/5






                             -3-



                             -4-



☆2428 34話 3-4頁目【いや、プリンターがすごい】
 
描きながら思ったのは…昨今の社会人、プリンター持ってるのかな、という(笑)

一昔前は、主に年賀状用途としてプリンターは一家に一台、という時代でしたが、もうそんな感じでも
ありませんもんね。

年賀状は年賀メッセージに変わったことで、そもそも紙の費用いるのかとか印刷の手間いるのかとか
送り先チェックして今年は出す出さないの作業必要なのかとか大量の時間と紙を消費するのは昨今の
SDGs的にどうなのかとか、いやスマホ製造自体にも凄いコストかかってるからそっちもどうなのかとか
SDGs関係なくスマホは現代社会に必須アイテムだろとか色々言われてますね!
もうよくわかりませんね!(笑)

スキャン用途で使用する方もいらっしゃるでしょうから、手続き時に意外と欲しい方もいらっしゃるかも…

と思いましたが、そもそも最近はスマホにカメラ付いてますし!スマホで全部解決できるようになってきて
ますよね…。

ネットで調べたところ、スマホの名刺作成アプリ→プリンターで出力、ということもできるそうです。
エプソンの名刺プリントアプリとか。兄くんもそうしたんでしょうきっと。

ともあれ、兄くんは友人宛年賀状用プリンターを有効活用しているようですよ。

------------------------------------------

☆前回の墓参からの東京観光のお話の続きですよー…というのはともかく、前回更新をご紹介
頂いた皆様ありがとうございました!

X(旧Twitter)で更新ポストをリポスト&いいねして頂いた皆様、誠にありがとうございました!

前回は、根津神社から根津の赤札堂で終わりでしたね!
ここから、母の通った中学・高校まで歩きます。
こんな都心の凄い所住んでたのかー…と思うんですが、話を聞くと根津はホント下町だったんだよー、
という。
まあ確かに路地一本入ると普通に住宅街ですもんね。

そして寛永寺を見た後、東照宮へ。東照宮近くの上野動物園敷地内に五重塔があるんですが、これ
寛永寺のものなんですね。
寛永寺がいかに広大な敷地を持っていたかがわかります。

そして上野大仏から五条天神を経由して不忍池弁天へ。
弁天様は芸術のイメージありましたので、これはお参りしなければ…ということだったんですが、今調べて
みたところ音楽メインっぽいですね…。確かに琵琶もってますもんね…
ま、まあ福徳を授けてくださるみたいな側面もあるそうですのでよしとする!(笑)

上野公園を散々楽しんだ後は、どら焼き発祥のお店として有名なうさぎやへ。

出立前、母に「お土産にうさぎやさんのどらやき買って帰るよー」と伝えた所、「ああ、黒門町の?有名
だもんね」と今では使われてない町名で!?
店内か店外かは失念しましたが、黒門町うさぎや、と書いてあったと思います。さすが母。

お菓子が有名なのもその通りで、現在のどらやきの形を作ったのはうさぎや、と言われています。
2枚の皮で餡を包む、というものですね。

ということでどらやきを買うのは当然なのですが…初めて和菓子屋で【茶通】という焼き菓子が並んでいる
のを発見!
これ袋菓子で買ったことあるんですが、和菓子店であんまり見ないお菓子でした。
茶通は小麦粉をベースに卵白、砂糖、抹茶等を練り混ぜて作った生地に小豆あんを包み、焼いて作る
和菓子…ということで、緑色のお菓子です。
これは買わねばー!

そして上野広小路駅から電車に乗って帰りました。

上野恩賜公園界隈をずっと歩いて思うのは…ホント外国の方多いですね!驚きます。
人種とかに特に偏りは感じませんでした。恩賜公園グローバル…

もちろん帰宅後にどら焼きを食べてお茶を飲み、東照宮のお守りを渡したりしました。良い休日でした。

しかし上野は見どころ多いですね…国立博物館に国立科学博物館、国立西洋美術館。動物園。恩賜公園。
東京芸大もありますね!入りはしませんでしたが赤レンガ校舎(2号館)を外から写真撮ったりしました。
落語・演芸が好きな方には鈴本演芸場もあります。

…そういえば国立国会図書館国際こども図書館の横も通りました、立派な建物です。
昔の帝国図書館(唯一の国立図書館)だそうですので、建築好きな方はそちらも良さそう。

博物館や美術館は数時間から半日…好きな人は一日以上いられる場所でしょうし…キリがないですね…
上野…たのしい…

 
 
 
 



【Thanks for 25,200,000 hits over!!】
Total HIts

このサイト内のバナー以外の画像及び文章等の無断転載、掲載を禁止しています。

Since 2001.09.08

Copyright (c) 2001-now
Nitta Murasaki. All rights reserved