医療法人弘生会小田切医院

ホーム 診療案内 お知らせ 検査・手術  健康のために一言 痔のお話 発芽玄米は皆の健康の素 介護保険制度  ご意見・ご質問 当院の場所

 

ぎっくり腰
 
 
1.原因と症状
 中腰で重い物を持ち上げようとしたときや、腰をひねったとき、せきやくしゃみをしたはずみなどで、突然激しい腰の痛みにおそわれることを、ぎっくり腰(急性腰痛症といいます。


 一般に、症状は腰痛だけです。若い年代から壮年までよく起きますが、日常生活の無意識な動作によって起こります。
 20〜30歳代では、中腰で重い物を持ち上げようとしたり、スポーツで急に腰をひねったときに、40〜50歳代では、曲げていた腰を急に伸ばそうとしたり、朝、洗面しようと急に腰を曲げたり、長時間腰かけていて立とうとしたときなどに起きるので、脊柱(せきちゅう)後方の関節のねんざと考えられます。

同じ姿勢でいたり、疲労で腰の筋肉が固くなっているときに無意識に腰を動かすと、筋肉の力のバランスがくずれ、関節に無理がかかるためと思われます。何回も繰り返すと、だんだん椎間板(ついかんばん)に裂け目が広がって、椎間板ヘルニアを起こすこともありますが、1回だけのぎっくり腰ではその危険は少ないといってよいでしょう。


 若いときからある脊椎分離すべり症(せきついぶんりすべりしょう)や、老化で起こる中年からの変形性脊椎症などがあると、ちょっとしたきっかけでぎっくり腰が起こることがよくあります。

また、骨がもろくなる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)があれば、ふとんの上げ下ろしや植木鉢を持ち上げたときに圧迫骨折が起き、腰に激痛がはしります。
 

2.治療
 激しい腰の痛みにおそわれたら、あわてて病院へ行くより、とりあえず横になって安静を保つほうが賢明です。


 普通は痛みのために固く縮んだ腰の筋肉を温めたほうが、痛みが軽くなる人が多いのですが、人によっては冷やしたほうが軽くなることもあります。

やってみて気持ちのよいほうを選びますが、2〜3日たったら、入浴などで腰全体を温めます。


 静かに横になっていれば、10日間くらいで約90%の人は治ります。


 痛みがある程度おさまったら、ゆっくりと腰を曲げて固い筋肉をほぐすようにします。

  あまり長く安静にしすぎると回復が遅れます。


 それでも治らないときは、病院へ行きましょう。温熱療法や牽引療法(けんいんりょうほう)をしてもらうと、効果があります。

    また、なかなかよくならないときは、症状が似ていてもほかの病気の可能性があるので、きちんと調べてもらいましょう。
 

3.予防
 腰に無理をかけないようにすること、骨そのものや筋肉を丈夫にすることが大切です。


 立っているときや、座ったときの姿勢はもちろん、荷物を持ち上げるときにも、腰を痛めない方法があります


 肥満も腰に負担をかけます。食事や運動で体重コントロールを心がけましょう。

 
 骨を丈夫にするには、カルシウムをたっぷりとりましょう。牛乳のカルシウムは吸収されやすいので効果的です。


 運動は、水泳、ジョギングなどの全身運動もよいでしょう。散歩するなら1日に20〜30分が目安です。運動の前には準備運動を忘れないようにします。
 


 
ぎっくり腰の原因
腰椎のねんざ 骨を補強している筋肉や靱帯が、運動不足などで弱くなり、急な運動で伸びきる
椎間板ヘルニア 椎間板の中の髄核が飛び出し、神経を刺激する
変形性脊椎症 脊椎の老化現象。椎間板の弾力性がなくなり、ねんざしやすい
脊椎すべり症 脊椎がうしろや前にずれ、脊髄の管が細くなって、神経が刺激される
骨粗鬆症 骨のカルシウムが抜けて骨がもろくなり、背伸びをしたときなどに圧迫骨折が起こる

 
ぎっくり腰と間違えやすい病気
がん 脊椎にがんが転移すると、骨が溶け、立ったときに骨が砕けて激しく痛む
尿路結石 腰に激痛があるので間違えやすい

              2001年11月7日

戻る

ホーム 診療案内 お知らせ 検査・手術  健康のために一言 痔のお話 発芽玄米は皆の健康の素 介護保険制度  ご意見・ご質問 当院の場所

 

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、otagiri@mve.biglobe.ne.jpまで電子メールでお送りください。
最終更新日 : 2003/10/11