にちなんおろちで別荘用土地が当たったけど、
正式に辞退を告げてしまいました!!!!(T_T)

(2005年2月24日)


多くの方が顔を合わすたびに、「別荘どうすんの?」と聞かれていましたが、
本日にちなんおろち実行委員会に電話をして、正式に辞退を伝えました。
向うの実行委員長の方は残念がっていましたが、仕方ないですよね。。
やはり別荘を建てるとなったらそれなりにお金がかかるし、とにかく遠い!
片道300kmはあるし、移動時間も4時間はかかります。
高速代やガソリン代を考えると、往復で3万円はかかるし、
やはり貧乏サラリーマンには夢のまた夢のお話でしたね。残念!!

別荘地当選日記

しばらく日記はお休みいたします。。m(_ _)m

2004年6月20日(日)、鳥取県日南町が町おこしで開催した『にちなんおろち100qマラソン』で
なんと特別賞の100坪の別荘地が当たってしまいました!!
当時は訳の分からんまま目録を受け取って気分をよくしていましたが、
冷静に考えてみると・・・・

にちなんおろちの別荘地はこんなところ!!

2004年8月2日(月)、にちなんおろちのマラソン大会が終了し、約40日ぶりに日南町に訪問。
実際に当選した土地を見せてもらうこととなりました。

 
にちなんおろちに参加された方は、パンフレットのP13を見てください。91.6q地点あたりになります。

   


その土地には楢や栗の木がたくさん生えており、栗は丹波栗とは種類は違うけど、秋には大きな実ができるとのこと。
楢の木はしいたけの原木になるので、切り落としたあとは菌を植えれば自然にしいたけができるそうな。。

別荘用地として全体で600坪あり、6世帯分の別荘ができるらしです。
クワガタムシもすぐに発見できたし、まさに自然がいっぱいの環境でした。
ちょっと整備すれば駐車スペースは作れそうやけど、土地は斜面になってるし、
キャンプ場みたいにするのは難しそうですね。

杉の立木50本というのは正式には杉の立木50本分の木材と言ったほうが正しいみたいです。
というのは、実際杉の木を切っても乾燥させるのに半年から1年くらいかかるし、
そこから加工となったら、それこそかなりの日数が必要がなるかなね。
丸太をそのまま使ったログハウスは費用も多くかかるし施工も難しいのでお勧めできないとのこと。
今回は角材のログハウスで組んでいく方法を説明していただき、
それやったら注文して施工が終わるのに3ヶ月でできるそうです。

気になる水道、電気はすぐ近くまであり、トイレも水洗でできるそうです。
ガスはプロパンみたいやけど。

春は山菜採り、夏は避暑地、秋は栗拾い、冬はスキー場まで車で10分と、
環境としては絶好のところやと思いました。環境としては・・

さて、実際別荘を建てるとした場合、気になるお値段は・・?

別荘の施工例とお値段

別荘地が当選したときは訳が分からないまま目録を受け取った。。

(2004年6月日)


  

『目録の内容』
一.別荘地 100坪
   天体の植民地
   鳥取県日野郡日南町花口大字大原山
二.日南杉立木 45年生 50本
   鳥取県日野郡日南町折渡36番地

標高差600メートルに及ぶ起伏のはげしい中国山地100kmを完走された
あなたの強い意志と体力をたたえさらに幸運の女神の訪れを祝福します
願わくばこれに機会に日南町に移住されることを期待して右の通り贈呈いたします

平成16年6月20日

天体界道100キロメートル
にちなんおろちマラソン全国大会
大会長 矢田治美