在来種の豆
べにや長谷川商店



news!

夏季休業のお知らせ
2018年8月13日(月)〜17日(金)は休業とさせていただきます。この間、発送業務及び電話・メールの応対もすべて休止となります。皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

カレーセット2種発売!<2018年9月末まで>
「パラクセット」詳細はこちら。
「サブジセット」詳細はこちら。

レターパック便始めました!
詳細はこちら。

国内&国外のワークショップ・スタディツアー開催決定!
詳細はこちら。

お豆の教室ほか講座日程
詳細はこちら。

お豆サロン
詳細はこちら。

イベント&マルシェほか
詳細はこちら。

新プラン「豆ランチ体験」の詳細はこちら。


<連載のお知らせ>
豆類時報(2018年3月〜12月)

2018.3月 No.90 本文はこちら。
2018.6月 No.91 本文はこちら。


<新商品のお知らせ>
●豆料理スターターセット
 
ご購入はこちら。
●ギフトをお求めの方は
 
・ギフトセットの詳細はこちら 
 
・お好み詰め合わせの詳細はこちら。
 

オリジナル雑貨ブランド誕生!

    まめりっこ 

クリアファイル
ご注文・詳細はこちら。

トートバッグ
 期間限定特別セール中<2018年8月末まで>

ご注文・詳細はこちら。


当店へのご質問・お問い合わせはこちら↓



ばたばた焼き営業はイベントのみの販売となります
ばたばた焼きへのお問合せは下記へお願いします。
【お問合せ先】
長谷川ミヨ TEL 090-1642-9269


2011年1月30日22:50~
NHK BSハイビジョン「北海道 豆と開拓者たちの物語」で当店と在来種の豆農家が特集されました!


取り上げられたメディア

スタッフ募集!
過去のnews!

地豆ともいえます
在来種とは、何代にもわたってその土地でつくられてきた作物のことで、固定種ともよばれています。農家が自家採取をして代々作り続けてきた在来種は、自然の織り成す気候、風土に合ったかたちで育ち、その地域の食文化をつくってきました。何十年もずうっとつくられ続けてきた理由は、ただ「おいしい」から。在来種の作物は、F1(一代雑種)でつくられた作物よりも収量や均一性に欠けますが、個性があって味も良いといわれています。
横浜と遠軽を行き来する長谷川清美の日々の雑記帳です。

 

お豆のレシピもりだくさん!サラダやスープなど定番今ふうレシピから、むかしながらの豆料理までバラエティにとんでます。
Let's try!


レシピ頁

 

べにや長谷川商店の取り扱い商品一覧です。
農薬や化学肥料を使用せず、緑肥(ひまわり、きからしなど)や有機肥料(魚カス、牛糞、馬糞堆肥など)を使って栽培しているものと、特別栽培(減農薬、減化学肥料栽培)と、慣行栽培のものがあります。
扱ってる品々

 

お豆のファンクラブ「豆くらぶ」会員&豆オーナーを募集しています。

消えゆく在来種の豆を食べることで支えていきましょう!

豆くらぶ

 

べにや長谷川商店