オンラインショップオンラインショップ。無農薬野菜の産地直送です。玉葱をはじめとして、旬の野菜や自然卵などをセットにしてお届けしています。


「週刊てーて」ひらく農園から、バックナンバー 週刊てーてのバックナンバーと、サイト内検索が行えます。


ヒメパセリさんの詩集 ヒメパセリさんの詩集


サイトスさんの野菜を使った「レシピ集」サイトスさんの野菜を使った「レシピ集」です。野菜中心のメニューを、簡単な方法で料理できるやり方を提案します。


「週刊てーて」ひらく農園から、語りと映像 語りと映像。視覚障害のある方でも畑の状況を聞くことができます。また、畑の様子をビデオで見ることもできます。


草子の演奏は草子ドットネットへお入りください。草子ドットネット。mp3やビデオで、無料の音楽を配信しているグループ「草子」のサイトです。


このサイトについてひらく農園の紹介です。


リンク集リンク集です。

ひらく農園のホームページに来てくれてありがとうございます。無農薬、無化学肥料のノンケミカルファームから、野菜を育ててお届けしています。自給自足に近い生活の中で、地球の未来に世界中の子供たちが安心して生きる喜びを分かち合える、そんな環境の実現を模索しています。

★ 「週刊てーて」+αをブログでどうぞ。 ☆ ひらく農園の野菜を入手できるお店

週刊てーて ひらく農園から


「秋は佳境に その5 冬支度」

 予報通りに、寒さはやってきた。その突然の襲来に、僕たちのカラダは悲鳴を上げた。寒さの前が異常に暖かい日々だったのだから仕方ない。まるで真冬がやってきたかのようた。気温が下がり冬の風が強く吹いたから、体感温度が低かった。次の日からは風が凪ぎ、そこまで寒く感じなくなったのは、風のせいもあるが、人のカラダが順応し始めたということだろう。

 暖かいと、カラダは自然に動く。だからついつい働き過ぎてしまう。寒ければ意識的にカラダを動かす作業をするのだけれど、カラダを動かさない作業も少なくないので、暖を取る時間も増えるのだ。今までが暖かかったので、僕たちは働きに働いた。暖かなうちに種播きや植え付けをこなさなければいけない、という習性のようなものが染み付いている。さらに、雨の予報が出ていれば、雨の前に作業を済ませておかなければ、という習性も身に付いている。

 今日は雨。夜中からの雨は、今、音を立てて降っている。昨日までが本当に忙しかった。一昨日には、朝起きて僕のカラダが「無理をするな」と言っているようだったし、連れ合いにも「無理をさせるな」という想いが出た。急遽、午前中に出かけることにした。ここから東へ車を走らせ、御前崎まで行ってきた。

 十年くらい前までは、子どもたちを御前崎の海に連れて行くことが少なからずあった。住んでいるこの街の海は砂浜だが、御前崎は岩場の場所もある。海水が岩場に水たまりを作り、小さな魚を見つけることができるのだ。そのような場所が、子どもたちは大好きだった。今回は岩場を素通りして、久しぶりのなぶら市場に出向いた。中の様子も変化していた。干物を買ったのだが、太刀魚の丸干しは子どもたちに食べさせたい味だった。僕たちにとっては、車窓から見る景色の変化が、何よりも気分転換になる。慣行農法の畑を見るのも好きだし、道路環境の変化を目に焼き付けるのも好きなのだ。

 この秋は、結局台風は来なかった。台風が来て、野菜が全滅に近い状態になると、自然と「カラダを休めろ」という解釈になる。去年は、隣接工場の火災があって、野菜が壊滅状態になった。あれはたった一年前のことだったのか?遠い昔のような気がするのはなぜだろう?今年は野菜が駄目になるような事柄が今のところないので、それだけ働いたということだろう。

 今週の寒さがやってくる直前に、さつまいもも全て掘り上げた。今年作付けた鳴門金時系の芋は、寒さには強いほうの品種だ。それでも寒さの前に掘り上げたい、という気持ちが強かったので安堵している。御前崎往復の車窓からも、さつまいもを掘り上げている現場を見ることができた。この頃の新しめの品種は、寒さには弱いものが多い。

 さつまいもの貯蔵も、重要な冬支度だ。寒くなると野菜の成長速度が鈍る。できるだけ暖かいうちに成長させておきたい、という願望も冬支度のうちに入る。人の寝具も季節で変わるように、野菜にかける被覆資材も変わる。今まではネット資材で保温性のないものだったが、不織布に変わるタイミングだ。裾を土に埋め込むと冬の猛烈な風からも守ることができるので、鍬を使った作業になる。冬支度はカラダを酷使する。

2023年11月17日


バックナンバーへ



★ ひらく農園の野菜の入手方法

☆ このページの最初に戻る