オンラインショップオンラインショップ。無農薬野菜の産地直送です。玉葱をはじめとして、旬の野菜や自然卵などをセットにしてお届けしています。


「週刊てーて」ひらく農園から、バックナンバー 週刊てーてのバックナンバーと、サイト内検索が行えます。


ヒメパセリさんの詩集 ヒメパセリさんの詩集


サイトスさんの野菜を使った「レシピ集」サイトスさんの野菜を使った「レシピ集」です。野菜中心のメニューを、簡単な方法で料理できるやり方を提案します。


「週刊てーて」ひらく農園から、語りと映像 語りと映像。視覚障害のある方でも畑の状況を聞くことができます。また、畑の様子をビデオで見ることもできます。


草子の演奏は草子ドットネットへお入りください。草子ドットネット。mp3やビデオで、無料の音楽を配信しているグループ「草子」のサイトです。


このサイトについてひらく農園の紹介です。


リンク集リンク集です。

最新版の「週刊てーて」はこちらからどうぞ。

★ 「週刊てーて」+αをブログでどうぞ。 ☆ ひらく農園の野菜を入手できるお店

週刊てーて ひらく農園から

バックナンバーと検索

「週刊てーて」ひらく農園から
バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
バックナンバー2008年へ
バックナンバー2007年へ
バックナンバー2006年へ
バックナンバー2005年へ
バックナンバー2004年へ
バックナンバー2003年へ
バックナンバー2002年へ
バックナンバー2001年へ
「週刊てーて」最新版へ

サイト内ウェブ検索

週刊てーてのバックナンバーから項目を検索できます。たとえば、「玉葱」と入れてEnter(検索ボタン)を押せば、玉葱の植え付け関連の入ったページの一覧が表示されます。

バックナンバー一覧です。

2017年(32項目)

2017年8月17日「進む方向が決まると頑張ることができる その3」

2017年8月10日「進む方向が決まると頑張ることができる その2」

2017年8月3日「進む方向が決まると頑張ることができる」

2017年7月27日「今年も国際サッカー大会」

2017年7月20日「湿度を切り抜けて梅雨明け」

2017年7月13日「異常な湿度」

2017年7月6日「梅雨?」

2017年6月29日「時間が足りない?」

2017年6月22日「雨のない梅雨 その後」

2017年6月15日「雨のない梅雨」

2017年6月8日「五七歳 その2」

2017年6月1日「五七歳」

2017年5月25日「思わぬ展開 その3」

2017年5月18日「思わぬ展開 その2」

2017年5月11日「思わぬ展開」

2017年5月5日「もうゴールデンウィークおしまい?」

2017年4月27日「もうゴールデンウィーク?」

2017年4月20日「新年度の新たな始まり その3」

2017年4月13日「新年度の新たな始まり その2」

2017年4月7日「新年度のはじまり」

2017年3月30日「3月は その4」

2017年3月23日「3月は その3」

2017年3月16日「3月は その2」

2017年3月9日「3月は」

2017年3月2日「3月1日」

2017年2月23日「親父が死んで16年」

2017年2月16日「寒い寒い冬 その4」

2017年2月9日「寒い寒い冬 その3」

2017年2月2日「寒い寒い冬 その2」

2017年1月26日「寒い寒い冬」

2017年1月19日「スウェーデン短期留学旅程探し」

2017年1月12日「ドイツ短期留学手配」

2017年1月5日「2017年に向けて」

2016年(34項目)

2016年12月29日「2016年 今年の総括 その4」

2016年12月22日「2016年 今年の総括 その3」

2016年12月15日「2016年 今年の総括 その2」

2016年12月8日「2016年 今年の総括 その1」

2016年7月21日「小学生のサッカー大会  その2」

2016年7月14日「小学生のサッカー大会」

2016年7月7日「夏の時間よ止まれ」

2016年6月30日「いつの間に真夏」

2016年6月23日「56歳 その4」

2016年6月16日「56歳 その3」

2016年6月9日「56歳 その2」

2016年6月2日「56歳」

2016年5月26日「夏へ向かう その3」

2016年5月19日「夏へ向かう その2」

2016年5月12日「夏へ向かう」

2016年5月5日「春の農繁期と子供たち その7」

2016年4月29日「春の農繁期と子供たち その6」

2016年4月22日「春の農繁期と子供たち その5」

2016年4月15日「春の農繁期と子供たち その4」

2016年4月7日「春の農繁期と子供たち その3」

2016年3月31日「春の農繁期と子供たち その2」

2016年3月24日「春の農繁期と子供たち」

2016年3月17日「三女四女の卒業」

2016年3月10日「啓蟄の頃の慌しさ」

2016年3月3日「襲来」

2016年2月25日「知識欲」

2016年2月18日「果樹をイメージ」

2016年2月11日「カラダの何ものかを熱処理」

2016年2月4日「立春過ぎて冬から春へ」

2016年1月28日「1月から疾走」

2016年1月21日「冬もいいもんだ」

2016年1月14日「2016年に向けて その3」

2016年1月7日「2016年に向けて その2」

2016年1月1日「2016年に向けて」

2015年(31項目)

2015年12月10日「2015年 今年の総括 その2」

2015年12月2日「2015年 今年の総括 その1」

2015年11月26日「なるがままにもがく」

2015年9月10日「この雨は? その2」

2015年7月2日「文化と生活」

2015年6月25日「車の買い替えから見えること」

2015年6月18日「55歳になって その3」

2015年6月11日「55歳になって その2」

2015年6月4日「55歳になって」

2015年5月28日「まもなく55歳」

2015年5月21日「今年も台風と対峙する その2」

2015年5月14日「今年も台風と対峙する」

2015年5月7日「疲れ果てた連休り」

2015年4月30日「一人欠けた連休」

2015年4月23日「春?初夏?とにかく雨の日々は去った」

2015年4月16日「新しいサイクルのはじまり その3」

2015年4月9日「新しいサイクルのはじまり その2」

2015年4月2日「新しいサイクルのはじまり」

2015年3月26日「自分を信じて自由でいいよ その3」

2015年3月19日「自分を信じて自由でいいよ その2」

2015年3月12日「自分を信じて自由でいいよ」

2015年3月5日「春に向かいはじめた その4」

2015年2月26日「春に向かいはじめた その3」

2015年2月19日「春に向かいはじめた その2」

2015年2月12日「春に向かいはじめた」

2015年2月5日「今年もサッカー」

2015年1月29日「理解の範疇を超えている」

2015年1月22日「有機農業のいいところ」

2015年1月15日「高校生活最後のコンクール」

2015年1月8日「天候、天候、天候」

2015年1月2日「2015年に向けて」

2014年(52項目)

2014年12月25日「2014年今年の総括 その3」

2014年12月18日「2014年今年の総括 その2」

2014年12月11日「2014年今年の総括 その1」

2014年12月4日「磁器婚式」

2014年11月27日「いよいよ大学受験」

2014年11月20日「狂気」

2014年11月13日「負のエネルギー その3」

2014年11月6日「負のエネルギー その2」

2014年10月30日「負のエネルギー」

2014年10月23日「運動会の仕事休み」

2014年10月16日「2週連続の台風に挟まれたお祭り」

2014年10月9日「運も実力の内?」

2014年10月2日「手落ち その2」

2014年9月25日「手落ち」

2014年9月18日「脈絡のない矛盾するもの その2」

2014年9月11日「脈絡のない矛盾するもの」

2014年9月4日「苦悩の中からつかみ取った楽観」

2014年8月28日「ようやく夏を越した」

2014年8月21日「何をやってもダメな夏」

2014年8月14日「子供を育てる その2」

2014年8月7日「子供を育てる」

2014年7月31日「長女の大学受験」

2014年7月24日「汗とイメージ」

2014年7月17日「夏は持久戦」

2014年7月10日「台風、報道、情報、祈り」

2014年7月3日「ワールドカップサッカーブラジル大会 その3」

2014年6月26日「人工授粉のタイミング」

2014年6月19日「ワールドカップサッカーブラジル大会 その2」

2014年6月12日「ワールドカップサッカーブラジル大会」

2014年6月5日「ムカデにやられる」

2014年5月29日「積み重ねを応援する その2」

2014年5月22日「積み重ねを応援する」

2014年5月15日「楽しいもの、狂おしいもの その2」

2014年5月8日「楽しいもの、狂おしいもの」

2014年5月1日「ゴールデンウィーク2014」

2014年4月24日「トラクターと効率」

2014年4月17日「農繁期2014」

2014年4月10日「高校の入学式2014」

2014年4月3日「春がざわめいている その3」

2014年3月27日「春がざわめいている その2」

2014年3月20日「春がざわめいている」

2014年3月13日「種をつなぐ」

2014年3月6日「最後の冬を味わう」

2014年2月27日「自分の判断を揺らがないで その4」

2014年2月20日「自分の判断を揺らがないで その3」

2014年2月13日「自分の判断を揺らがないで その2」

2014年2月6日「自分の判断を揺らがないで」

2014年1月30日「忙殺されそうな五〇代」

2014年1月23日「2014年に向けて その3」

2014年1月16日「2014年に向けて その2」

2014年1月9日「2014年に向けて」

2014年1月3日「自由と地獄絵」

2013年(53項目)

バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
2008年へ
2007年へ
2005年へ
2004年へ

2003年へ
2002年へ
2001年へ

2013年12月26日「2013年の総括 その4」

2013年12月19日「2013年の総括 その3」

2013年12月12日「2013年の総括 その2」

2013年12月5日「2013年の総括 その1」

2013年11月28日「木を切る」

2013年11月21日「虫殺し その2」

2013年11月14日「葉大根があれば」

2013年11月7日「子供の世話」

2013年10月31日「虫殺し」

2013年10月24日「子どもの世界 その6」

2013年10月17日「台風、台風、台風」

2013年10月10日「お祭りの前の暑い秋 その2」

2013年10月3日「お祭りの前の暑い秋」

2013年9月26日「台風のあと」

2013年9月19日「2013年の台風」

2013年9月12日「夏の疲れ」

2013年9月5日「一日が収穫で終わってしまう」

2013年8月29日「この夏を記憶に残そう その2」

2013年8月22日「この夏を記憶に残そう」

2013年8月15日「夏の収穫 その3」

2013年8月8日「夏の収穫 その2」

2013年8月1日「夏の収穫」

2013年7月25日「子供の世界 その5」

2013年7月18日「子供の世界 その4」

2013年7月11日「子供の世界 その3」

2013年7月4日「子供の世界 その2」

2013年6月27日「子供の世界」

2013年6月20日「六月の台風」

2013年6月13日「台風と蜂の巣」

2013年6月6日「梅雨時の収穫」

2013年5月30日「53歳」

2013年5月23日「演奏の匂い その2」

2013年5月16日「演奏の匂い」

2013年5月9日「サッカー」

2013年5月4日「連休2013」

2013年4月25日「味覚」

2013年4月18日「農業は永遠に」

2013年4月11日「春の農繁期と入学シーズン その2」

2013年4月4日「春の農繁期と入学シーズン」

2013年3月28日「保育園終了」

2013年3月21日「決断の瞬間」

2013年3月14日「確定申告2013」

2013年3月7日「あきらめない」

2013年2月28日「寒い寒い2月が終わって」

2013年2月21日「野菜の勉強会2013」

2013年2月14日「テンポと波長」

2013年2月7日「春近し?」

2013年1月31日「大寒過ぎて」

2013年1月24日「東京 その7」

2013年1月17日「東京 その4」

2013年1月10日「東京 その3」

2013年1月3日「2013年に向けて」

2012年(52項目)

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
2008年へ
2007年へ
2005年へ
2004年へ

2003年へ
2002年へ
2001年へ

2012年12月27日「2012年の総括 その四」

2012年12月20日「2012年の総括 その三」

2012年12月13日「2012年の総括 その二」

2012年12月6日「2012年の総括 その一」

2012年11月29日「自然界と人間界 その4」

2012年11月22日「自然界と人間界 その3」

2012年11月15日「自然界と人間界 その2」

2012年11月8日「自然界と人間界」

2012年11月1日「データベース」

2012年10月25日「縁と連鎖 その2」

2012年10月18日「縁と連鎖」

2012年10月11日「秋の虫退治」

2012年10月4日「自然現象を受け入れる」

2012年9月27日「人間の尊厳 その3」

2012年9月20日「人間の尊厳 その2」

2012年9月13日「人間の尊厳」

2012年9月6日「年を重ねるということ」

2012年8月30日「自分と対峙する その5」

2012年8月23日「自分と対峙する その4」

2012年8月16日「自分と対峙する その3」

2012年8月9日「自分と対峙する その2」

2012年8月2日「自分と対峙する」

2012年7月26日「虫と対峙する」

2012年7月19日「植物と私と生と死と その3」

2012年7月12日「植物と私と生と死と その2」

2012年7月5日「植物と私と生と死と」

2012年6月28日「草と野菜」

2012年6月21日「野菜の世話 その二」

2012年6月14日「野菜の世話」

2012年6月7日「52歳 その二」

2012年5月31日「52歳」

2012年5月24日「僕たちのオキテ その二」

2012年5月17日「僕たちのオキテ」

2012年5月10日「遥かなる有機野菜の縁 その2」

2012年5月3日「遥かなる同級生」

2012年4月26日「遥かなる有機野菜の縁」

2012年4月19日「変わる時」

2012年4月12日「春到来」

2012年4月5日「高校の入学式」

2012年3月29日「スモモの花満開」

2012年3月22日「虫の進化?あるいは耐性」

2012年3月15日「長女の中学卒業」

2012年3月9日「親って何だろう?」

2012年3月2日「子猫狂騒曲2012」

2012年2月24日「高校受験 その十」

2012年2月17日「高校受験 その九」

2012年2月10日「高校受験 その八」

2012年2月3日「寒気は暦通りにやってくる」

2012年1月26日「インフルエンザは突然に」

2012年1月22日「あまのじゃく」

2012年1月14日「寒風と葉もの」

2012年1月07日「素直さという宝物」

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
2008年へ
2007年へ
2005年へ
2004年へ

2003年へ
2002年へ
2001年へ

2011年(52項目)

2011年12月30日「2012年に向けて」

2011年12月22日「2011年今年の総括 その二」

2011年12月15日「2011年今年の総括 その一」

2011年12月8日「高校受験と生活スタイル」

2011年12月1日「Corazon Libre」

2011年11月24日「寒い季節には」

2011年11月17日「季節と農作業がマッチしている」

2011年11月10日「立冬の風2011」

2011年11月3日「長女のうた」

2011年10月27日「露地野菜の宿命」

2011年10月20日「人前で話すこと」

2011年10月13日「お祭りと記憶」

2011年10月6日「高校受験 その7」

2011年9月29日「野菜を届けるだけではない その3」

2011年9月22日「野菜を届けるだけではない その2」

2011年9月15日「野菜を届けるだけではない」

2011年9月8日「30年前と30年後」

2011年9月1日「食べるということ2011」

2011年8月25日「夏休み2011」

2011年8月18日「高校受験 その6」

2011年8月11日「高校受験 その5」

2011年8月4日「高校受験 その4」

2011年7月28日「卓球」

2011年7月21日「鈍足台風」

2011年7月14日「高校受験 その3」

2011年7月7日「高校受験 その2」

2011年6月30日「高校受験」

2011年6月23日「51歳 その4」

2011年6月16日「51歳 その3」

2011年6月9日「51歳 その2」

2011年6月2日「51歳」

2011年5月26日「アレクセイと泉」

2011年5月19日「子猫狂想曲 その後」

2011年5月12日「子猫狂想曲 その3」

2011年5月5日「子猫狂想曲 その2」

2011年4月28日「子猫狂想曲」

2011年4月21日「野菜たちが会いに行ってくれている」

2011年4月14日「同じことの繰り返し」

2011年4月7日「今年の桜は美しくない」

2011年3月31日「人間の仕業」

2011年3月24日「混沌としている」

2011年3月17日「生き方を変えよう」

2011年3月10日「丁寧に仕事をするよ」

2011年3月4日「啓蟄の頃」

2011年2月24日「親父の命日」

2011年2月17日「中学の同窓会」

2011年2月10日「春の兆し」

2011年2月3日「家事」

2011年1月27日「事務仕事」

2011年1月20日「寒さには薪ストーブ」

2011年1月13日「冬をからだに叩き込め」

2011年1月6日「オイル交換」

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2009年へ
2008年へ
2007年へ
2005年へ
2004年へ

2003年へ
2002年へ
2001年へ

2010年(52項目)

2010年12月30日「2011年に向けて」

2010年12月23日「2010年の総括 その2」

2010年12月16日「2010年の総括 その1」

2010年12月9日「ひ弱な実態とコンテンツ」

2010年12月3日「16回目の結婚記念日」

2010年11月25日「雨の前のひとひねり」

2010年11月18日「鶏糞の匂い」

2010年11月11日「多目的納屋」

2010年11月4日「丸刈りの親父の口癖は」

2010年10月28日「応援する側の真剣さ」

2010年10月21日「田舎に住んで二十一年 その2」

2010年10月14日「田舎に住んで二十一年」

2010年10月7日「新しい気候を受け入れて その3」

2010年9月30日「新しい気候を受け入れて その2」

2010年9月23日「新しい気候を受け入れて」

2010年9月16日「面白くなければ前に進めない」

2010年9月9日「暑気払い台風」

2010年9月2日「秋の農繁期へ2010」

2010年8月26日「夏休み2010 その2」

2010年8月19日「夏休み2010」

2010年8月12日「この暑さは長期戦 その2」

2010年8月5日「この暑さは長期戦」

2010年7月29日「涼しいって素晴らしい」

2010年7月22日「野菜の娘の遺伝子」

2010年7月15日「夏の豊作、ナスの豊作 その2」

2010年7月8日「夏の豊作、ナスの豊作」

2010年7月1日「夏の勉強会2010」

2010年6月24日「豪雨の梅雨」

2010年6月17日「手助けというエネルギー その2」

2010年6月10日「手助けというエネルギー」

2010年6月3日「休みのない仕事」

2010年5月27日「天候不順を味方につける その2」

2010年5月20日「天候不順を味方につける」

2010年5月13日「夏野菜へ その2」

2010年5月6日「夏野菜へ」

2010年4月29日「ゴールデンウィークの頃」

2010年4月22日「虫との競争」

2010年4月15日「未知の世界、その三」

2010年4月8日「未知の世界、その二」

2010年4月1日「農家というもの」

2010年3月25日「人間の割合を増やそう」

2010年3月18日「未知の世界」

2010年3月11日「連携の先に」

2010年3月4日「春というものはいいものだ その2」

2010年2月25日「春というものはいいものだ」

2010年2月18日「パンツオンザグラウンドと当事者」

2010年2月11日「種を播く」

2010年2月4日「大らかさを表現してもらうには?その三」

2010年1月28日「大らかさを表現してもらうには?その二」

2010年1月21日「大らかさを表現してもらうには?」

2010年1月14日「地に足がついたおいしさ」

2010年1月7日「2010年に向けて」

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
2008年へ
2007年へ
2005年へ
2004年へ

2003年へ
2002年へ
2001年へ

2009年(53項目)

2009年12月31日「2009年の総括 その四」

2009年12月24日「2009年の総括 その三」

2009年12月17日「2009年の総括 その二」

2009年12月10日「2009年の総括 その一」

2009年12月3日「15回目の結婚記念日」

2009年11月26日「レタスの虫」

2009年11月19日「子供を自由にさせること その五」

2009年11月12日「生まれた街」

2009年11月5日「子供を自由にさせること その四」

2009年10月29日「子供を自由にさせること その三」

2009年10月22日「子供を自由にさせること その二」

2009年10月15日「子供を自由にさせること その一」

2009年10月8日「ゲット、ラッキー」

2009年10月1日「雨季と乾季」

2009年9月24日「秋の農繁2009」

2009年9月17日「現場で労働した人が報われる社会になってほしい」

2009年9月10日「世代の悩み その四」

2009年9月3日「世代の悩み その三」

2009年8月27日「世代の悩み その二」

2009年8月20日「世代の悩み その一」

2009年8月13日「地震の教訓」

2009年8月6日「八月の梅雨明けは真夏の気分じゃない」

2009年7月30日「ナスの虫取り」

2009年7月23日「実践したくてしょうがない その三」

2009年7月16日「実践したくてしょうがない その二」

2009年7月9日「実践したくてしょうがない」

2009年7月2日「便利なものの落とし穴」

2009年6月25日「モロヘイヤの夏」

2009年6月18日「枝豆のエネルギー」

2009年6月11日「梅雨入りは、紫蘇の季節」

2009年6月4日「降りそうで降らない6月の雨」

2009年5月28日「玉葱収穫も佳境に」

2009年5月21日「何をやってもダメな時」

2009年5月14日「めげている時間はない」

2009年5月7日「いくらなんでも降り過ぎ」

2009年4月30日「うちのインフルエンザは終息したけれど」

2009年4月23日「タイト、タイト、タイトに詰まっている」

2009年4月16日「寒さの春去り、もはや初夏の陽気」

2009年4月9日「晴れの日が続く、それだけで嬉しい」

2009年4月2日「サツマイモの伏せこみも遅く」

2009年3月26日「春休みのお手伝い」

2009年3月19日「長女、小学校を卒業」

2009年3月12日「最も遅いジャガイモ植え」

2009年3月5日「アブラムシ、ダニ類など繁殖」

2009年2月26日「失敗の後片付け」

2009年2月19日「冬は畑のデザイン更新期」

2009年2月12日「貨幣経済って何なんだろう?」

2009年2月5日「立春、ミモザの黄色に彩られて」

2009年1月29日「そろりそろりと農繁期」

2009年1月22日「春に向かえるかな?」

2009年1月15日「寒風と種播き」

2009年1月8日「同窓会」

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
2007年へ
2005年へ
2004年へ

2003年へ
2002年へ
2001年へ

2008年(52項目)

2008年12月25日「2008年 今年の総括 その二」

2008年12月18日「2008年 今年の総括」

2008年12月11日「冬のどしゃぶり雨」

2008年12月4日「玉葱の植付けと雨」

2008年11月27日「玉葱の植付けと出荷」

2008年11月20日「冬の冷気」

2008年11月13日「玉葱の植付けが迫っている」

2008年11月6日「気温差の大きな秋」

2008年10月30日「駈け足の人生」

2008年10月23日「より確かなものへ」

2008年10月16日「いざ、葉ものの秋へ」

2008年10月9日「秋を積み重ねて」

2008年10月2日「つるべ落としに日が暮れる」

2008年9月25日「秋の農繁期は玉葱の種播き週間」

2008年9月18日「遅き台風」

2008年9月11日「一転、乾燥」

2008年9月4日「ばっくれる?」

2008年8月28日「このまま秋へ?」

2008年8月21日「お盆が明けて秋の風」

2008年8月14日「お盆やすみ」

2008年8月7日「気分転換」

2008年7月31日「雨がない」

2008年7月24日「七月下旬にして旧盆の頃のような陽射し」

2008年7月17日「七月中旬にしてようやく夏、電気製品の夏」

2008年7月10日「七月中旬にしてようやく夏、剪定の夏」

2008年7月3日「我慢の日々 その二」

2008年6月26日「我慢の日々」

2008年6月19日「一瞬の収穫、一瞬の喜び」

2008年6月12日「生きていくのが大変な時代」

2008年6月5日「人の要求にこたえる農業がしたい その三」

2008年5月29日「人の要求にこたえる農業がしたい その二」

2008年5月22日「人の要求にこたえる農業がしたい その一」

2008年5月15日「野菜が足りない?」

2008年5月8日「ようやく夏野菜へと」

2008年5月1日「近い方が良い」

2008年4月24日「虫取り」

2008年4月17日「お天気仕事」

2008年4月10日「新鮮なもの」

2008年4月3日「春、リフレッシュ」

2008年3月27日「春、春、春」

2008年3月20日「ファーマーズマーケットというもの」

2008年3月13日「朝の静粛と朝日と苗と土」

2008年3月6日「好きな野菜はあるか?その二」

2008年2月28日「好きな野菜はあるか?」

2008年2月21日「人間力 その二」

2008年2月14日「人間力」

2008年2月7日「じゃがいも、ごぼう、にんじんのたねまき」

2008年1月31日「気持ちはもう春」

2008年1月24日「たまねぎ、じゃがいも、にんじん その二」

2008年1月17日「たまねぎ、じゃがいも、にんじん」2008年1月10日「二〇〇八年に向けて その二」2008年1月3日「二〇〇八年に向けて」2007年(52項目)

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
バックナンバー2008年へ
2006年へ
2005年へ
2004年へ

2003年へ
2002年へ
バックナンバー2001年へ

2007年12月27日「今年の総括2007 その四」

2007年12月20日「今年の総括2007 その三」2007年12月13日「今年の総括2007 その二」2007年12月6日「今年の総括2007 その一」2007年11月29日「貯蔵力のある玉葱に向けて その四」2007年11月22日「貯蔵力のある玉葱に向けて その三」2007年11月15日「貯蔵力のある玉葱に向けて その二」2007年11月8日「多品目の有機生産者って何だろう? その八」2007年11月1日「貯蔵力のある玉葱に向けて」2007年10月25日「多品目の有機生産者って何だろう?その七」

2007年10月18日「農作業の疲れと感受性」

2007年10月11日「蛾の天下」

2007年10月4日「毎年の玉葱、今年の玉葱」

2007年9月27日「毎年の玉葱、今年の玉葱」

2007年9月20日「多品目の有機生産者って何だろう? その六」

2007年9月13日「多品目の有機生産者って何だろう? その五」

2007年9月6日「台風をやり過ごす」

2007年8月30日「多品目の有機生産者って何だろう? その四」

2007年8月23日「シシトウの辛味」

2007年8月16日「酷暑から逃げ惑う人間たち」

2007年8月9日「秋冬作の種播き」

2007年8月2日「需要過多」

2007年7月26日「オクラの収穫」

2007年7月19日「動的平衡論から見える畑の風景」

2007年7月12日「多品目の有機生産者って何だろう? その三」

2007年7月5日「多品目の有機生産者って何だろう? その二」

2007年6月28日「多品目の有機生産者って何だろう? その一」

2007年6月21日「今年の玉葱を総括 その二」

2007年6月14日「今年の玉葱を総括 その一」

2007年6月7日「生きている」

2007年5月31日「四十七歳になって」

2007年5月24日「玉葱栽培は綱渡り」

2007年5月17日「考える暇がないほどに忙しい」

2007年5月10日「有機農業は規則を守る農業か?」

2007年5月3日「ドライバーソフトとしての百姓」

2007年4月26日「こだわるけれどこだわらない」

2007年4月19日「七宝早生7号収穫終了」

2007年4月12日「乾燥の春は終わるかな?」

2007年4月5日「冷たい風が桜の入学式を吹く」

2007年3月29日「移動養鶏プラス不耕起トマト栽培の夢」

2007年3月22日「気持ちの持ち方は行動しだい」

2007年3月15日「玉葱との会話」

2007年3月8日「 野菜との会話」

2007年3月1日「畑との会話」

2007年2月22日「さやえんどうの花が咲いている」

2007年2月15日「ひと月早い春一番」

2007年2月8日「予定を変更して、露地の種播き開始」

2007年2月1日「走りすぎてはいないか? その四」

2007年1月25日「走りすぎてはいないか? その三」

2007年1月18日「走りすぎてはいないか? その二」

2007年1月11日「走りすぎてはいないか?」

2007年1月4日「帰農十八年目にして気持ち新たに」

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
2008年へ
2007年へ
2005年へ
2004年へ

2003年へ
2002年へ
2001年へ

2006年(52項目)

2006年12月28日「今年の総括は難しい その五」

2006年12月21日「今年の総括は難しい その四」

2006年12月14日「今年の総括は難しい その三」

2006年12月7日「今年の総括は難しい その二」

2006年11月30日「今年の総括は難しい」

2006年11月23日「西山温泉への湯治休養旅行」

2006年11月16日「手作業の作業効率 その六 玉葱植え付け」

2006年11月9日「手作業の作業効率 その五」

2006年11月2日「手作業の作業効率 その四」

2006年10月26日「手作業の作業効率 その三」

2006年10月19日「手作業の作業効率 その二」

2006年10月12日「手作業の作業効率」

2006年10月5日「玉葱の種播き週間 その二」

2006年9月28日「玉葱の種播き週間」

2006年9月21日「播種期のお彼岸」

2006年9月14日「ニラの秋」

2006年9月7日「オクラ三昧、胡瓜三昧」

2006年8月31日「自分らしさとは何だろう? その三」

2006年8月24日「自分らしさとは何だろう? その二」

2006年8月17日「自分らしさとは何だろう?」

2006年8月10日「この天候は不順なんていうものではない その四」

2006年8月3日「この天候は不順なんていうものではない その三」

2006年7月27日「この天候は不順なんていうものではない その二」

2006年7月20日「この天候は不順なんていうものではない」

2006年7月13日「些細なことでも意味がある その五」

2006年7月6日「些細なことでも意味がある その四」

2006年6月29日「些細なことでも意味がある その三」

2006年6月22日「些細なことでも意味がある その二」

2006年6月15日「些細なことでも意味がある」

2006年6月8日「家としてのつながり その四」

2006年6月1日「家としてのつながり その三」

2006年5月25日「家としてのつながり その二」

2006年5月18日「家としてのつながり」

2006年5月11日「仕事がはかどるということ その二」

2006年5月4日「仕事がはかどるということ」

2006年4月27日「お金を稼ぐということ その二」

2006年4月20日「お金を稼ぐということ」

2006年4月13日「新鮮な空気が満ちている その二」

2006年4月6日「新鮮な空気が満ちている」

2006年3月30日「長い流れの中で その六」

2006年3月23日「長い流れの中で その五」

2006年3月16日「長い流れの中で その四」

2006年3月9日「長い流れの中で その三」

2006年3月2日「長い流れの中で その二」

2006年2月23日「長い流れの中で」

2006年2月16日「肥料を土の中に入れないこと その五」

2006年2月9日「肥料を土の中に入れないこと その四」

2006年2月2日「肥料を土の中に入れないこと その三」

2006年1月26日「肥料を土の中に入れないこと その二」

2006年1月19日「肥料を土の中に入れないこと」

2006年1月12日「今年の作付け計画」

2006年1月5日「さて、二〇〇六年は」

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
2008年へ
2007年へ
2005年へ
2004年へ

2003年へ
2002年へ
2001年へ

2005年(51項目)

2005年12月22日「冬の空っ風 その四」

2005年12月15日「冬の空っ風 その三」

2005年12月8日「冬の空っ風 その二」

2005年12月1日「冬の空っ風」

2005年11月24日「乾いている」

2005年11月17日「寒さ到来」

2005年11月10日「仕事はかどれば、からだに来る」

2005年11月3日「秋、深まり、仕事はかどる」

2005年10月27日「秋、深まるか?」

2005年10月20日「娘を守る」

2005年10月13日「虫の長寿」

2005年10月6日「稲刈りの魔力2005」

2005年9月29日「玉葱播種も順調に」

2005年9月22日「乾いた九月」

2005年9月15日「秋の端境期」

2005年9月8日「種播きの季節」

2005年9月1日「人間の旬 その二」

2005年8月25日「人間の旬」

2005年8月18日「夏休み」

2005年8月11日「大地がほてっている」

2005年8月4日「盛夏という峠」

2005年7月28日「さて、秋作へ」

2005年7月21日「草の海」

2005年7月14日「実験構想」

2005年7月7日「草取りの季節」

2005年6月30日「虫の季節 その二」

2005年6月23日「虫の季節」

2005年6月16日「雨の季節」

2005年6月9日「玉葱収穫は最終段階に」

2005年6月2日「からだを守る」

2005年5月26日「機械仕事と手仕事 その四」

2005年5月19日「機械仕事と手仕事 その三」

2005年5月12日「機械仕事と手仕事 その二」

2005年5月5日「機械仕事と手仕事」

2005年4月28日「収穫のダンス その三」

2005年4月21日「収穫のダンス その二」

2005年4月14日「収穫のダンス」

2005年4月7日「神ながらの農 その八」

2005年3月31日「神ながらの農 その七」

2005年3月24日「神ながらの農 その六」

2005年3月17日「神ながらの農 その五」

2005年3月10日「神ながらの農 その四」

2005年3月3日「神ながらの農 その三」

2005年2月24日「神ながらの農 その二」

2005年2月17日「神ながらの農」

2005年2月10日「こぼれ種の会」

2005年2月3日「寒」

2005年1月27日「二〇〇五年に向けて その四」

2005年1月20日「二〇〇五年に向けて その三」

2005年1月13日「二〇〇五年に向けて その二」

2005年1月6日「二〇〇五年に向けて」

三女の描いた顔の挿絵

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
2008年へ
2007年へ
2006年へ
2005年へ

2003年へ
2002年へ
2001年へ

2004年(52項目)

2004年12月23日「破天候?な二〇〇四年をかえりみて その四」

2004年12月16日「破天候?な二〇〇四年をかえりみて その三」

2004年12月9日「破天候?な二〇〇四年をかえりみて その二」

2004年12月2日「破天候?な二〇〇四年をかえりみて その一」

2004年11月25日「地球の懐に抱かれて その五」

2004年11月18日「地球の懐に抱かれて その四」

2004年11月11日「地球の懐に抱かれて その三」

2004年11月4日「地球の懐に抱かれて その二」

2004年10月28日「地球の懐に抱かれて」

2004年10月21日「土作り その六」

2004年10月14日「土作り その五」

2004年10月7日「土作り その四」

2004年9月30日「土作り その三」

2004年9月23日「土作り その二」

2004年9月16日「土作り その一」

次女の描いた顔と太陽のの挿絵

2004年9月9日「旬を食べる、旬を育てる その十六」

2004年9月2日「旬を食べる、旬を育てる その十五」

2004年8月26日「旬を食べる、旬を育てる その十四」

2004年8月19日「旬を食べる、旬を育てる その十三」

2004年8月12日「旬を食べる、旬を育てる その十二」

2004年8月5日「旬を食べる、旬を育てる その十一」

2004年7月29日「旬を食べる、旬を育てる その十」

2004年7月22日「旬を食べる、旬を育てる その九」

2004年7月15日「旬を食べる、旬を育てる その八」

2004年7月8日「旬を食べる、旬を育てる その七」

2004年7月1日「旬を食べる、旬を育てる その六」

2004年6月24日「旬を食べる、旬を育てる その五」

2004年6月17日「旬を食べる、旬を育てる その四」

2004年6月10日「旬を食べる、旬を育てる その三」

2004年6月3日「旬を食べる、旬を育てる その二」

2004年5月27日「旬を食べる、旬を育てる その一」

長女の描いた太陽と女の子と犬の挿絵

2004年5月20日「厨房に入りてダシをとる!その六」

2004年5月13日「厨房に入りてダシをとる!その五」

2004年5月6日「厨房に入りてダシをとる!その四」

2004年4月29日「厨房に入りてダシをとる!その三」

2004年4月22日「厨房に入りてダシをとる!その二」

2004年4月15日「厨房に入りてダシをとる!その一」

2004年4月8日「四人娘を風呂に入れる」

次女の描いた女の子3人の絵

2004年4月1日「無農薬無化学肥料で多品目野菜を育てることとは?その七」

2004年3月25日「無農薬無化学肥料で多品目野菜を育てることとは?その六」

2004年3月18日「無農薬無化学肥料で多品目野菜を育てることとは?その五」

2004年3月11日「無農薬無化学肥料で多品目野菜を育てることとは?その四」

2004年3月4日「無農薬無化学肥料で多品目野菜を育てることとは?その三」

2004年2月26日「無農薬無化学肥料で多品目野菜を育てることとは?その二」

2004年2月19日「無農薬無化学肥料で多品目野菜を育てることとは?その一」

2004年2月12日「鶏の性質」

2004年2月5日「鶏舎の鶏糞」

2004年1月29日「堆肥の力」

2004年1月22日「灯油の消費量」

2004年1月15日「鶏の問題」

2004年1月8日「今年の作付け計画の重要性」

2004年1月1日「2004年も淡々と」

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
2008年へ
2007年へ
2006年へ
2005年へ
2004年へ
2002年へ
2001年へ
一番上へ

長女の描いた蟹の挿絵

2003年(50項目)

2003/12/25「いい年だったといえるのだろうか?」

2003/12/18「2003年十津川休養湯治紀行」

2003/12/11「山深く養生す」

2003/12/4「雨、雨、雨の年」

2003/11/27「山を崩さないで」

2003/11/20「無農薬の中身」

2003/11/13「決定的に変化したこと」

2003/11/6「朝ごはん」

2003/10/30「脱穀」

2003/10/23「土に触る」

次女の描いた自画像の挿絵

2003/10/16「進歩と熟成」

2003/10/9「埃まるけ泥まるけ糞まるけ」

2003/10/2「金木犀と彼岸花」

2003/9/25「春秋夏冬」

2003/9/18「焼け石に水」

2003/9/11「ある日突然壊れるもの」

2003/9/4「37度の熱射」

2003/8/28「八月下旬は皆お疲れ」

2003/8/21「真夏の空の消失」

2003/8/14「人智を超えて授かるもの」

2003/8/7「大暑がとうとうやってきた」

2003/7/31「近頃の鶏の様子」

2003/7/24「豪雨のもたらすもの」

2003/7/17「梅雨明け間近」

2003/7/10「はらはら」

2003/7/3「鶏とナメクジ」

2003/6/26「果菜の剪定」

2003/6/19「来る日も来る日も雨だから」

2003/6/12「オスの名古屋コーチン」

2003/6/5「玉葱の収穫と台風」

2003/5/29「不思議な田植え」

次女の描いた自画像の挿絵

2003/5/22「晴れの日のうれしさ」

2003/5/15「雨の前にお茶摘みを」

2003/5/8「僕には子供がたくさんいる」

2003/5/1「奇妙な気候」

2003/4/24「農と福祉」

2003/4/17「収穫の卯月」

2003/4/10「トマトの復活を誓う」

2003/4/3「手前勝手」

2003/3/27「お彼岸はどこへいった?」

2003/3/20「新しいデジタルカメラ」

2003/3/13「鶏に音楽を」

2003/3/6「味噌仕込み」

2003/2/27「妃袈里のノートパソコン」

2003/2/13「鶏がやってきた」

2003/2/6「芽吹きへの準備」

2003/1/30「冬のにわか大工」

2003/1/23「納屋にまきストーブ」

2003/1/16「寒気と寒気の狭間に」

2003/1/9「厳しい寒さで年明けて」

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
2008年へ
2007年へ
2006年へ
2005年へ
2004年へ
2003年へ
2001年へ
一番上へ

長女の描いた虫の挿絵

2002年(50項目)

2002/12/26「2003年に向けて」

2002/12/19「厳しい一年でした」

2002/12/12「奈良県十津川村上湯温泉湯治紀行」

2002/11/28「玉葱の植え付け真っ盛り」

2002/11/21玉葱の植え付け準備

2002/11/14「七五三」

2002/11/7「お芋がお芋であること」

2002/10/31「万事農は冬支度」

2002/10/24「水たまり」

2002/10/17「おまつりのあと」

2002/10/10「共同作業」

2002/10/03「縁をかたちに」

2002/09/26「仕事を増やす」

2002/09/19「道」

2002/09/12「もう一年」

2002/09/05「大地の鼓動」

2002/08/29「白栗という南瓜」

2002/8/22「ことのままの杜」

2002/08/16「峠を越えた大暑耐暑」

2002/8/8「刈払い機で草を刈る」

2002/08/01「猛暑酷暑をやりすごす」

2002/07/25「やけどしそうなクラクラの夏」

2002/07/18「ホームページに歌入り」

2002/07/11「台風一過、梅雨一過」

2002/07/04「トマトの草とり

2002/06/27「梅雨時のほうれん草」

2002/06/20「瀕死のトマト」

2002/06/13「梅雨支度」

長女の描いたランプの挿絵

2002/06/06「天から降りてくる」

2002/05/30「田植えそして玉葱」

2002/05/23「草は伸びる」

2002/05/16「季節が風邪をひいている」

2002/05/09「メロディが満ちている」

2002/05/02「葉ものの息づかい」

2002/04/25「養生の初夏」

2002/04/18「鼻と気管支」

2002/04/12「不眠症の特効薬」

2002/04/04 「新緑の黄、気、希」

2002/03/28「さやえんどうの紫」

2002/03/21「魂の朝」

2002/03/14 「初夏の陽気、春の風、苗はわが子のようなもの」

2002/03/07「春はいいもの」

2002/02/28「アカシヤの季節」

2002/02/21「器量よしの工夫

2002/02/14「大根の不思議」

2002/2/7「温かいもの」

2002/1/31「後片付け」

2002/1/24「冬の草を取る」

2002/1/17「種を播く」

2002/1/10「大厄のあと」

長女の描いた女の子二人のピースサインの挿絵

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
2008年へ
2007年へ
2006年へ
2005年へ
2004年へ
2003年へ
2002年へ
一番上へ

2001年(29項目)

2001年12月27日「がたごとの道」

2001年12月20日「2001年は変化の年」

2001年12月13日「十津川休養旅行」

2001年11月29日「年齢というもの」

2001年11月22日「玉葱の植え付けが始まる」

2001年11月15日「ぎっくり腰で検索」

2001年11月8日「狂牛病発生報道のもたらすもの」

2001年11月1日「玉葱、オクラ、そして大根」

2001年10月25日「エナジーは逃げない」

2001年10月18日「君の世界に」

2001年10月11日「稲刈りの魔力」

2001年10月4日「綱渡りか、旬の仕事か」

2001年9月27日「玉葱の季節」

2001年9月20日「我慢の日々」

2001年9月13日「人の手に負えるサイズ」

2001年9月6日「育ち盛りの秋風の密度」

2001年8月30日「荒谷仁美さんよりの無農薬野菜についての質問」

2001年8月23日「台風一過」

2001年8月16日「直射日光」

2001年8月9日「薄皮の威力」

2001年8月2日「瓦」

2001年7月26日「もみじ三号は玉葱の王様か」

2001年7月19日「夏の花 夏の実」

2001年7月12日「夏の朝の空の青」

2001年7月5日「農家にとっての無農薬」

2001年6月28日「梅雨の晴れ間は炎天下」

2001年6月21日「畑からの持ち出し」

2001年6月14日「不耕起露地トマト」

2001年6月7日「玉葱貯蔵」

長女の描いたおかあさんの挿絵

バックナンバー2013年へ
バックナンバー2012年へ
バックナンバー2011年へ
バックナンバー2010年へ
バックナンバー2009年へ
2008年へ
2007年へ
2006年へ
2005年へ
2004年へ
2003年へ
2002年へ

週刊てーて最新版へ

このページの最初に戻る