アート手作りクッション工房

クッションで部屋のインテリアをオシャレに彩るクッションカバーSHOP
オリジナルからオーダーメイドまでお洒落なクッションならおまかせ!

クッションカバーでインテリアを心もはずむオシャレな部屋へ!
デザイナーが考えたインテリア・ライフスタイルのオシャレを楽しむ「こだわり、限定、手作り」作品を制作・通信販売しています。
オリジナルクッションカバー/オーダーメイドクッションカバーオリジナルプリントオーダー・クッションカバー/スカーフ&ハンカチ・クッションカバーリメイクオーダーメイド・扇子
オリジナルクッションカバー/オーダーメイド/オリジナルプリントオーダー/スカーフ・ハンカチをクッションカバーや扇子にリメイク

クッションカバー作品について


TAKASAN写真/店長兼デザイナー兼作者
店長・TAKASAN
TAKASANが一つ一つ丹精に手作りする<クッションカバー作品について>ご紹介するページです。
お使いいただく方に、一時のものではなく末永く愛用していただけるよう、当工房ならではの「工夫とこだわりの作り」をご覧下さいませ。


SHOPクッションカバー作品について

多くの服を作ってきたTAKASANが、
“いい服”でオシャレを楽しんで素敵な時間を過ごしていただいた時のように、
インテリアでもスタイリッシュなクッションでオシャレを楽しんで欲しい!
さらに、あなたの魅力もアップして欲しい!
そして、心地よい時間を貴方にお届けしたいという願いを込めて作りました。

そのTAKASANの作る、またオススメするクッションカバーは、「オシャレであるかどうか」が決め手です。
そして「いいものを永く使っていただきたい」という想いから、
愛着と喜びを感じ続けていただけるよう選び抜いたデザイン、吟味した素材と作りで丹精込めて手作りする上質のクッションカバー作品です。
その価値はお客様の声がお決め下さいました。

アート手作りクッション工房のクッションカバーは、ここに、こだわりました。

*クッションカバー作品の制作工程もあわせてご覧下さい≫

■ ファッション性を優先したクッションカバーは、とっても彩り豊か。

インテリアをオシャレに彩る為に服作りから生まれたファッショナブルなデザインが特徴。
存在感のある個性的なクッションカバーは今までにない彩りでインテリアを演出します。


 当工房のクッションカバーはデザインを極めることによって今までにない、色・素材使い、仕立てを実現しました。

このことによって、一つクッションを置くだけでも、
部屋の中がぐ〜んと明るくなったり、
素敵なアクセントになったり、
アートなデザインをオブジェ的に愉しんだり、
そして、 美しいものは気持ちを嬉しくもしてくれるんです。

もちろん、丁寧な仕立はそのような楽しみを末永くお届けします。

何役もこなすクッションカバーですが、楽しみ方は貴方しだいで広がります。

部屋の印象をガラッと変えてしまう強力なスパイスにもなり、
手軽にインテリアの着替えもできる頼もしい味方にもなる。
そんなクッションカバーでインテリアのオシャレをお楽しみください!


■ クッションカバー作品は全て少量の限定品

クッションカバー作品はお客様からオーダーをお受けしてから一つ一つ丁寧に手作りいたしますので、一時に多くのクッションカバー作品を制作することは出来ません。そのため少量の限定品とさせていただきます。
 オーダーされたお客様には少々お時間をいただくこともありますが、その代わり、当工房のクッションカバーは必ず皆様に喜んでいただける最高のものと思います。

■ 肌触りの良さはこんな生地選びから
お手元にクッションカバー作品が届いたら、
すぐに封を開けて、触れて触って頬ずりしてみてください。


クッションカバーの生地に肌触り? と思われるかもしれません。でもクッションっていろんなシチュエーションがあるんです。寄り掛かるときでも直接素肌に触れることもあれば、頭をのせたり、脚をのせたりして寛いだりもします。
実は、このようにクッションカバーは人の肌に触れることが多いんです。
そして、肌触りの良し悪しで、人は気分まで変わってしまうんです。
例えば、「肌触りが悪いより、肌触りの良いシャツに袖を通すほうが気持ち良くありませんか?」
そんなクッションカバーの生地選びをしています。
  
クッションカバーに使っている生地は高品質なブラウス/シャツ用生地からドレス用生地まで、多彩にインテリアを美しく彩ります。 気持ちいい肌触りは嬉しくなりますヨ!

*なぜクッションカバーに服用の生地を使うの?*
何よりも一番の違いは肌触りです。もともと人が着る為に織られた生地はしなやかで、風合いが良く、触れていてもとても心地よく、さらにケアの扱い易さが大きな利点です。
そして、服用の生地はファッショナブルに装う目的で作られたものなので、センスも良く、色、柄ともに多彩です。こうした生地はインテリアをよりオシャレに彩るためのクッションカバーには最適なのです。
生地はどの素材も一流の生地商さんを中心に仕入れさせていただいています。確かな管理のもとに紳士婦人服用に作られた生地です。
クッションカバー作品にはこのような安心して使える生地を使用しています。
なお、クッションカバーのカスタマイズライン用にご用意した生地は、このような服地の中から厳選した美しい生地をラインアップしています。
*安心・信頼のポイント*
クッションカバーのサンプルを作る前に家庭洗濯しても差支えない生地は、生地の段階で全て一回洗濯をして生地の状態を確認します。このときあまりにも悪い状態のものは除きます。このような確認に加えて、ご注文頂いた家庭洗濯できるクッションカバー作品についても、生地を一度洗うというチェックを怠りません。

■ 縫製のプロも唸ったコダワリの作りとは?

良質な服作りをしてきたノウハウが違いを生みます!

『仕上がりの美しさ、丈夫さ、扱いやすさ  そして、それらができるだけ永続的であること』
クッションカバー作品は、表面的にはパッチワークテクニックやキルトワークテクニックを使用していますが、美しい縫いと仕上がりをいつまでも維持する為に表に見えない部分で細かな仕事をしています。
その内容は、一点のみのオーダー品でしか対応できないような内容です。
その内容の一部は、
・ 縫いあがった後の縫い代の操作
(美しい仕上がりにする為、縫い代の重なりが表にひびかないように、また寄れたりしないようにする為)
・ 返し縫いだけに頼らない糸の始末
(返し縫は糸がほつれないようにするもの。でもそれだけではない、さらに安心な糸の始末をもうひと工程)
・ 強度を増すための縫製
(二重縫いは勿論、細かい理想の針数や当工房ならではの多層構造は丈夫の証し)

 これらの工程の有る無しでクッションカバーの表情、出来の良さを左右してしまいます。
何度か洗濯すると、また長く使えば使うほどその差がおわかりになるでしょう。
  
まだこの他にもありますが、まずここまで丁寧に作り込まれたクッションカバーは見うけられないと思います。

■ 自分だけが知っている、密かな隠れたオシャレ

クッションカバーの内側はとても上品な質感の滑りの良い生地を楽しい配色使いで総裏にしてあります。
  
裏地は、滑りを良くすることや美しく魅せること、そして丈夫にするときに使います。
滑りが良いのでパンヤの出し入れもスムーズに行えることはもちろん、隠れたオシャレとしても素敵です。
「バッグの口を開けたとき、美しい内張りがしてあったりすると、ウレシクなってしまいませんか」
それと同じように、自分しか知らない隠れたオシャレがあるのは、とってもワクワクしてしまいます!
このような感覚を持った『さり気ないけどオシャレ』が違いを生むのです。

■ 手にも優しく

 ファスナーを使っているクッションカバーを良く目にしますが、原則的にはファスナーを使用しないようにしています。
 理由は、ファスナーの虫部分(注)がまれに手の肌に引っかかることがあったり、金属及びプラスチック系の付属はできるだけ使用しないため、釦開きの仕様にしています。
デザイン上どうしても必要な場合は例外とします。
釦付けは、長く愛用していただくために裏に力釦をつけた丁寧な手付けです。
注:ファスナーを閉じるときに組み合わされる小さなパーツの部分です。


安くするために工程を減らしたり雑な作りにするのではなく、手間のかかる工程を増やしてでも、納得できる良い作品をお客様にお届けしたいと思います。


お気に入りのクッションで「私スタイル」に彩られたインテリアは、とても嬉しく、楽しく
「ウキウキ、ワクワク」してしまうものです。

「身の回りのものを一つ一つ大切にする。それが生きるという哲学。
大切なことだけ、お気に入りのものだけ。良い人生にはそれだけで十分!」
お気に入りに囲まれたライフスタイル、イイデスヨ〜!!


HOMEへ≫ | SHOPへ≫ | ゛F゛コレクションへ≫ | アートコレクションへ≫
スエードコレクションへ≫ | ファー&レザーコレクションへ≫
カスタマイズライン利用方法へ戻る≫

<関連項目>
クッションカバーのご注文方法 | クッションカバー作品について
クッションカバー作品の取扱い方 | クッションカバー作品の注意事項