アート手作りクッション工房

クッションで部屋のインテリアをオシャレに彩るクッションカバーSHOP
オリジナルからオーダーメイドまでお洒落なクッションならおまかせ!

クッションカバーでインテリアを心もはずむオシャレな部屋へ!
オリジナルクッションカバー/オーダーメイドクッションカバーオリジナルプリントオーダー・クッションカバー/スカーフ&ハンカチ・クッションカバーリメイクオーダーメイド・扇子


TAKASAN写真/店長兼デザイナー兼作者
西野 隆紀
(店長・TAKASAN)
≪INDEX≫
HOME
初めての方へ
クッションカバーオンラインショップ
クッションカバー作品一覧
リメイクオーダーメイド・扇子
オリジナルプリントオーダー・クッションカバー
簡単クッションカバー作り方手作りクッション応援!
手作り用インテリアファブリック販売
お客様の声
こんなお店です
個人情報について
各種サービス
アート手作りクッション工房について
店長の作品物語
お問い合わせ
お気に入りの色で楽しむ “COLORS”
季節ごとに好みのカラーで彩る「インテリアのオシャレ」をお楽しみ下さい!

インテリアを魅惑的に装うヒョウ柄ファークッションカバー
店長TAKASANがセレクトした魅力的なライフシーンを装うインテリアアイテム
インテリアをオシャレに彩るTAKASANオススメSHOPへ
オススメSHOP TOP
チェア&スツール
ソファー
時計(クロック)
ランプ(照明)
インテリア家電
モビール
デザイングッズ
ステーショナリー
other
<インテリアを読もう!>インテリアをオシャレに彩るためのオススメ書籍へ
特集:アジアン&和モダン彩るインテリアスタイル
企業・小売店の方へ
デザインからサンプルアップ/小ロット/限定品/特別な形状(サイズ)までお任せ下さい。
ライフシーンを彩る
オススメLINK!

≪ニュースブログ≫
インテリアのオシャレに役立つオススメ新情報や新作お知らせなど、ニュースブログを配信中です。
ぜひ御利用下さい。
 RSSに最新情報を配信

クッション&クッションカバーでオシャレに彩るためのヒント


インテリアを彩るクッションカバーにこんな『オシャレワザ』できるってご存知でしたか?


皆さんクッションを、どのようにお使いになっていますか?
クッションって身体をもたれ掛けさせて、ある時は腰を、ある時は脇にと「心地よいくつろぎの時間」をあたえてくれる大事なものです。

でも、クッションはその役をするだけではないんですよ!

以前、何度か海外の雑誌や海外の家を訪れるTV番組で、インテリアにクッションがとてもいい感じに使われているのを見たことがあります。

それを見たとき思わず「オッシャレっだな〜!」と感動してしまいました。

なんと、クッションカバーのデザインが、色が、素材使いが、イイ〜ンデス!!
そしてなんといっても映像や写真から伝わるその家の主人のパーソナリティがクッションにも感じるんです。

ウソではありません!本当のことなんですよー!
「アァ、ウッマイナ〜!やっぱりこの人だから、こういうの選ぶんだな」
って

つまり、そのクッションは何気なく、さり気なく、でもちょっと目立ちながら主人を引き立てていたんです。

なぜかって、ファッションを飾るアクセサリーのような使い方なんです。
↑ ↑ ↑
ポイント

「このクッション、なかなかヤルナー!」というのがそれを見たときの正直な思いです。

たった一枚のスカーフの色でイメージが変わってしまうように、アクセサリー(クッション)って使い方、選び方ひとつでその人の個性を演出したりするんですよ!

そんなことができるクッションカバーはインテリアのオシャレなファッションアクセサリーなんです。

*クッションカバーは自分のファッションを引き立てるアクセサリー感覚で選ぶとインテリアをグ―――ンとオシャレにできるんです!*
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ポイント

すると、部屋のインテリアのオシャレを楽しむ時に大事なことがわかってきます。
それは、この色にはコレといった固定概念で選ぶとつまらなくなってしまうことがあるのです。 洋服でオシャレなコーディネートをする時に、いつもと違う色のアクセサリーを組み合わせてみて「ハッ!」としたことありません? 「そうか、こういう組み合わせもあるんだ!」って気づいた時、すっごくワクワクしませんか?

オシャレってこういうことがあるから楽しいんですよネ!
部屋のインテリアのオシャレも同じなんです。 オシャレなアクセサリー(クッション)でワクワクするインテリアを楽しみましょう。

やっぱり「オッシャレ〜」にするには、自分だけじゃなく身の回りにも気を使いましょーッ!
TAKASANはこんなオシャレなクッションカバーを制作することを強く望んでいたのです。
そのクッションカバーでもっと皆さんがインテリアのオシャレを手軽に楽しめるように、そしてそしてお客様の「感動と喜びの声」が聞きたい為に日々クッションカバーのデザインとの制作に励んでいます。  p(^-^)q


突然ですが、

とある番組で見たことがあるんですが、海外では家族で各々のお気に入りのクッションを持っているとか、、、ご存知でしたか?

それほど、人とクッションは密接なのかもしれません。
さしずめ座布団や枕のような存在なのかも...
皆さんも、パパ、ママ、ぼく、わたし用と持っていたりするのでしょうか。
でも、このクッションは、お子様にはちょっともったいないかもしれません。
「あなた」のために、また「大事な人」用にとお使いいただければと思います。