野ざらし紀行

貞享元年、八月中旬、江戸を出立。
千里に旅立て、
冨士川のほとりを行に、
八月二十日過ぎ、小夜中山を越える。
八月三十日、伊勢外宮に参詣。
松葉屋風瀑が伊勢に有けるを尋音信て、
九月八日、伊賀上野に到着。
長月の初、古郷に帰りて、
大和の國に行脚して、
九月下旬、今須・山中を経て大垣に出て、木因亭に泊る。
やまとより山城を経て、
十月、伊勢の多度権現、桑名本統寺を経て、熱田に至る。
桑名本統寺にて
十月下旬、名古屋に行く、のち再び熱田に戻る。
名護屋に入道の程風吟ス
十二月二十五日、伊賀上野に帰り越年。
貞享二年二月、伊賀から奈良に出る。
奈良に出る道のほど
伊豆の國蛭が小嶋の桑門、
四月下旬、木曾・甲斐を経て江戸に帰り着く。

芭蕉 素堂 其角 杉風 嵐雪 丈草 許六 去来 支考 凡兆 北枝 野坡 越人 路通 荷兮 曾良 涼菟 土芳 千代女 也有 蕪村 召波 暁台 白雄 太祇 几董 青蘿 一茶
俳句案内 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌案内 歌枕
奥の細道 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内