鹿島詣

 洛の貞室 須磨の浦の月見にゆきて 松陰や月は三五や中納言 といひけむ  狂夫のむかしもなつかしきまゝに このあき 鹿島の山の月見んとおもひたつ事あり  ともなふ人ふたり 浪客の士ひとり ひとりは水雲の僧  僧はからすのごとくなる墨のころもに 三衣の袋をえりにうちかけ  出山の尊像を厨子にあがめ入れテうしろに背負 しゅ杖ひきならして  無門の関もさはるものなく あめつちに独歩していでぬ  いまひとりは 僧にもあらず 俗にもあらず  烏鼠の間に名をかうもりの とりなきしまにもわたりぬべく  門よりふねにのりて 行徳といふところにいたる
 ふなをあがれば 馬にものらず ほそぎのちからためさんと かちよりぞゆく  甲斐のくによりある人の得させたる 檜もてつくれる笠を  おのおのいたゞきよそひて 八幡といふ里をすぐれば 鎌谷の原といふ所 ひろき野あり  秦甸の一千里とかや めもはるかにみわたさるゝ  筑波山むかふに高く 二峯ならびたてり かのもろこしに双劔のみねありときこえしは廬山の一隅也

  ゆきは不申先むらさきのつくばかな

と詠しは 我門人嵐雪が句也  すべてこの山は やまとたけの尊の言葉をつたへて 連歌するひとのはじめにも名付たり  和歌なくばあるべからず 句なくばすぐべからず まことに愛すすべき山のすがたなりけらし
 萩は錦を地にしけらんやうにて 為仲が長櫃に折入て みやこのつとにもたせけるも 風流にくからず  桔梗・女郎花・刈萱・尾花みだれあひて 小牡鹿のつまこひわたる いとあはれ也  野の駒 ところえがほにむれありく またあはれなり
 日既に暮かゝるほどに 利根川のほとり ふさといふ所につく  此川にて 鮭の網代といふものをたくみて 武江の市にひさぐもの有  よひのほど 其漁家に入てやすらふ よるのやど なまぐさし  月くまなくはれけるまゝに 夜舟さしだして 鹿島にいたる
 ひるよりあめしきにふりて 月見るべくもあらず  ふもとに 根本寺のさきの和尚 今は世をのがれて 此所におはしけるといふを聞て 尋入てふしぬ  すこぶる人をして深省を發せしむと吟じけむ しばらく清浄の心をうるに似たり  あかつきのそら いさゝかはれけるを 和尚越し驚シ侍れば 人々起出ぬ  月のひかり 雨の音 たゞあはれなるけしきのみ胸にみちて いふべきことの葉もなし  はるばると月みにきたるかひなきこそ ほゐなきわざなれ  かの何がしの女すら 郭公の歌得詠までかへりわづらひしも 我ためにはよき荷擔の人ならむかし

  和尚
おりおりにかはらぬ空の月かげも
千々のながめは雲のまにまに

月はやし梢は雨を持ながら  桃青
寺に寝てまこと顔なる月見哉  同
雨に寝て竹起かへるつきみかな  曾良
月さびし堂の軒端の雨しづく  宗波
  神前
此松の実ばえせし代や神の秋  桃青
ぬぐはゞや石のおましの苔の露  宗波
膝折ルやかしこまり鳴鹿の聲  曾良
  田家
かりかけし田面の鶴や里の秋  桃青
夜田刈に我やとはれん里の月  宗波
賤の子やいねすりかけて月をみる  桃青
いもの葉や月待里の焼ばたけ  桃青
  野
もゝひきや一花摺の萩ごろも  曾良
はなの秋草に喰あく野馬かな  仝
萩原や一よはやどせ山のいぬ  桃青
  帰路自準に宿ス
塒せよわらほす宿の友すゞめ  主人
あきをこめたるくねの指杉  客
月見んと汐引のぼる船とめて  曾良
貞享丁卯仲秋末五日

奥の細道 野ざらし紀行
芭蕉 素堂 其角 杉風 嵐雪 丈草 許六 去来 支考 凡兆 北枝 野坡 越人 路通 荷兮 曾良 涼菟 土芳 千代女 也有 蕪村 召波 暁台 白雄 太祇 几董 青蘿 一茶
俳句案内 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌案内 歌枕
お得区案内図 旅行案内