和歌と俳句

與謝蕪村

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

古庭に啼きぬ日もすがら

老武者と大根あなどる若菜

百とせの枝にもどるや花の主

春の海終日のたりのたり哉

辛崎のいくつぞ与謝の海

一筋もすたる枝なきかな

横に降る雨なきかな

象の眼の笑ひかけたり山桜

臑白き従者も見へけり花の春

そこそこに京見過しぬ田にし売

捨やらでさしけり雨のひま

野路の梅白くも赤くもあらぬ哉

春の雨穴一の穴にたまりけり

うぐひすのあちこちとするや小家がち

の声遠き日も暮にけり

青柳や芹生の里のせりの中

なには女や京を寒がる御忌詣

の枝ふみはづすはつねかな

やぶ入の夢や小豆の煮るうち

初午やその家その家の袖だたみ

初午や物種うりに日のあたる

風吹ぬ夜はもの凄きかな

はるさめや綱が袂に小でうちん

古庭に茶筅花さく椿かな