小林一茶

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

青梅に手をかけて寝る蛙哉

蓮の花虱を捨るばかり也

茨の花爰をまたげと咲にけり

時鳥我身ばかりに降雨か

五月雨や夜もかくれぬ山の穴

五月雨や雪はいづこのしなの山

門の木も先つつがなし夕涼

日盛り葭雀に川の音もなき

伊香保根茂りを下る温泉の煙

通し給へ蚊蝿の如き僧一人

しづかさや湖水の底の雲のみね

盃に散れやのとぶほたる

塔ばかり見へて東寺は夏木立

みやこ哉東西南北辻が花

夏の夜に風呂敷かぶる旅寐哉

青すだれ白衣の美人通ふ見ゆ

更衣しばししらみを忘れたり

君が世や茂りの下の耶蘇仏

涼しさや欠け釜一つひとりずみ

蚊を焼くや紙燭にうつる妹が皃

夏の暁や牛に寐てゆく秣刈

涼しさや半月うごく溜り水

衣がへ替ても旅のしらみ哉

青梅や餓鬼大将が肌ぬいで

遥拝す御廟は白し夏木立

磯清水旅だんすほしき木陰哉

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 白雄 青蘿
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図