納涼 涼み

好忠
夏衣龍田川原の柳かげすずみに来つつ馴らすころかな

好忠
禊する加茂の川風吹くらしも涼みにゆかん妹をともなひ

定家
夕涼とぶ火の野守このごろやいまいくかありてあきの初かぜ


命なりわずかの笠の下涼ミ 芭蕉

百里来たりほどは雲井の下涼 芭蕉

忘れずは佐夜の中山にて涼め 芭蕉

皿鉢もほのかに闇の宵涼み 芭蕉

瓜作る君があれなと夕すずみ 芭蕉

あつみ山や吹浦かけて夕すずみ 芭蕉

川かぜや薄がききたる夕すずみ 芭蕉

唐破風の入日や薄き夕涼 芭蕉

飯あふぐかかが馳走や夕涼 芭蕉

皿鉢もほのかに闇の宵涼み 芭蕉

夕すずみよくぞ男に生れけり 其角

しらぬ人と謡問答すずみ哉 鬼貫

立ありく人にまぎれてすゞみかな 去来

牛もなき車の尻や夕すずみ 支考

夕すずみあぶなき石にのぼりけり 野坡

さし当る用も先なし夕すずみ 涼菟

柿の葉の風砕たるすずみかな 土芳

無花果や広葉にむかふ夕涼 惟然

松の葉に心とらるるすずみかな 千代女

七月 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 日除け 日傘 道おしえ 夏の山 キャンプ 雪渓 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 虎杖の花 百日紅
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図