和歌と俳句

玉虫

玉虫は掃捨る師の掟かな 言水

墓松に玉蟲とるや秋近く 蛇笏

白秋
玉虫の 一羽光りて 飛びゆける その空ながめ をんな寝そべる

晶子
玉虫をみちのく紙に置きたれば羽ばたきすなりもの云ふさまに

玉虫や瑠璃翅乱れて畳とぶ 久女

玉蟲に殖えて淋しき衣裳かな 虚子

玉虫やたたみあまりし薄翅 草城

玉虫の雌はとまれども雄はとぶも 誓子

玉虫のわづかひろげし翅かな 石鼎

玉虫の天地の色をあつめけり 石鼎

玉虫に空の松影移りけり 石鼎

玉虫を包みし綿や紙の上 石鼎

谷底へ玉虫翅をひろげとぶ 石鼎

玉蟲の光残して飛びにけり 虚子

玉蟲に紺紙金泥の経を思ふ 虚子

玉虫の玉のる桐の広葉かな 石鼎

玉虫の葉を食む見ゆる月夜かな 石鼎

玉虫の羽とぢたたむかそけさよ 石鼎

玉虫の光を引きて飛びにけり 虚子

玉虫の飛んで眉濃き島の娘なり 草田男

玉蟲の羽のみどりは推古より 青邨

玉蟲を拾はず過ぎて何恃まむ 波郷

火山灰高地玉虫きりきり舞 三鬼

玉蟲や日熱漂ふ墓一基 不死男

玉蟲の何しるべくもなく死にし 汀女

玉蟲舞ふ樫と樟との間にて 波郷

征箭見れば玉虫窓をよぎりけり 秋櫻子

玉虫の墜ちしが飛べり見逃せり悌二郎