和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ
明治32年

菖蒲湯や彼の蘭湯に浴すとふ

薔薇剪つて短き詩をぞ作りける

薔薇呉れて聖書かしたる女かな

薔薇散るや前髪崩れたる如く

短夜や灯を消しに来る宿の者

五月雨に郵便遅し山の宿

五月雨や魚とる人の流るべう

ほととぎす啼きどよもすや墳の上

夕立や朝顔の蔓よるべなき

夕歩き宿の団扇を背にして

目洗へば目明らかに清水かな

音のして草がくれなる清水かな

の石に月登りけり草の庵

一日をひるねに行くや甥の寺

明治33年

物なくて軽き袂や更衣

雨に濡れ日に乾きたるかな

うち立てて見えぬの破れかな

川狩の謡もうたふ仲間かな

山の上の涼しき神や夕まゐり

煙管のむ手品の下手や夕涼み

鼻緒ゆるき宿屋の下駄や夕涼み

うり西瓜うなづきあひて冷えにけり

明治34年

雨二滴日は照りかへす麦の秋

真清水にうかべる麦の埃かな

打水にしばらく藤の雫かな