杉田久女

元旦や束の間起き出で結び髪

松の内社前に統べし舳かな

松の内海日に荒れて霙れけり

松とれし町の雨来て初句会

正月や胼の手洗ふねもごろに

初凪げる湖上の富士を見出でけり

凧を飾りて子等籠りとるかるたかな

胼の手も交りて歌留多賑へり

書初やうるしの如き大硯

縫初の糸の縺れをほどきけり

松の内を淋しく籠る今年かな

初凪げる和布刈の磴に下りたてり

眉引も四十路となりし初鏡

元旦の埠頭に瀬戸の舟つけり

水手洗の杓の柄青し初詣

雪解けの雫ひまなし初詣

仰ぎ見る大〆飾出雲さび

巨いさや雀の出入る〆飾

神前に遊ぶ雀も出雲がほ

あだ守る筑紫の破魔矢うけに来し

紫の雲の上なる手毬唄

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 播水 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 素逝 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句