村上鬼城

元旦やふどしたたんで枕上

縁側のの日にゑひにけりお元日

元日やさみしう解ける苞納豆

一壺かろく正月三日となりにけり

門さして寺町さみし三ケ日

慈姑田のうすらひとくる初日かな

縁側のそりくりかへるお初凪

若水のけむりて見ゆる静かな

御慶申す手にいたいたし按摩膏

礼帳や四五枚とづる長水引

ふくよかにすわりめでたし鏡餅

古鍬を研ぎすましたる かな

雑煮食ふや卓にかけたる白木綿

小さなる屠蘇の杯一つづつ

年玉や水引かけて山の芋

鍬始浅間ケ嶽に雲か ゝる

日暮るるに取替へてつく手毬かな

傀儡師鬼も出さずに去にけり

山門の根深畑や初大師

白雲のしづかに行きて恵方かな

初雀翅ひろげて降りけり

福寿草咲いて筆硯多祥かな

繭玉や店ひろびろと船問屋

薮入にまじりて市を歩きけり

霜除に菜の花黄なりお正月

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句