和歌と俳句

橋本多佳子

歌かるたよみつぎてゆく読み減らしゆく

敵のかるた一つの歌がわが眼索く

羽子の音つよし竹のさわげる風の中

白羽子に息かけ童女斜視になる

独楽舐るいま地に鞭うちゐしを

独楽舐る鉄輪の匂ひわれも知る

枕辺に揚げざる凧と突かざる羽子

独楽とあそぶ壁に大きな影おいて

独楽あそび手窪のごとき地を愛し

頭をふつておのれ止らぬ勢ひ独楽

何の躊躇独楽に紐まき投げんとして

掌にまはる独楽の喜悦が身に伝ふ

掌に立ちて独楽の鉄芯吾をくすぐる

寝正月鶲を欲れば鶲来る

わが起居に眼をみはるもの奴凧

白破魔矢武に苦しみし神達よ

羽のみだれ正す破魔矢に息かけて

わが寝屋の闇の一角白破魔矢

日向ゐて影がまつくら手毬つく

羽子つよくはじきし音よ薄羽子板