和歌と俳句

芥川龍之介

白梅や夕雨寒き士族町

寂として南殿さびしき春の雨

海遠く霞を餐せ小島人

徐福去つて幾世ぞひるを霞む海

饅頭の名も城見とぞ春の風

御仏に奉らむ紫藤花六尺

かたまりて木花黄にさくや雪解水

したたらす脂も松とぞ春の山

欝として黒松に春の朝日せる

雲か山か日にかすみけり琵琶の滝

白梅や青蓮院の屋根くもり

裏山の竹伐る音や春寒し

春寒や竹の中なる銀閣寺

花曇り捨てて悔なき古恋や

魚の眼を箸でつつくや冴返る

庖丁の余寒ぐもりや韮を切る

口ひげも春寒むびとのうすさかな

新道は石ころばかり春寒き

行けや春とうと入れたる足拍子

暮るるらむ春はさびしき法師にも

われとわが睫毛見てあり暮るる春

山椒魚動かで水の春寒き

冴返る魚頭捨てたり流し元

牛に積む御料檜や梅の花

夕垢離や濡れ石に藤の花垂るる