和歌と俳句

芥川龍之介

酒饐えつ日うらの桜重ければ

遅桜卵を破れば腐り居る

冷眼に梨花見て轎を急がせし

人行くや梨花に風景暗き村

流るるは夕鶯か橋の下

熱を病んで桜明りに震へゐる

裸根も春雨竹の青さかな

この匂藪木の花か春の月

暖かや蕊に蝋塗る造り花

草の戸の灯相図や雉ほろと

春の月常磐木に水際仄なる

飯食ひにござれ田端は梅の花

烏鷺交 々落ちて余寒の碁盤かな

春日さす海の中にも世界かな

石稀に更けて余寒の碁盤かな

寺の春暮れて蘇鉄の若葉かな

春風にふき倒されな雛仔ども

脚立して刈りこむ黄楊や春の風

春寒くすり下したる山葵かな

海なるや長谷は菜の花花大根

日曜に遊びにござれ梅の花

帰らなんいざ草の庵は春の風

君琴弾け我は落花に肘枕

思へ君庵の梅花を病む我を

阿羅漢の肋けはしき余寒かな