和歌と俳句

原 石鼎

1 2 3 4 5 6

元朝の宿を出でたつ網頭

元日の軒に遊べる漁師かな

本の上に蜜柑の皮や松の内

元日や軒深々と草の庵

うつり出る天なる水や初鴉

日の辻に影落し去れり初鴉

大霜に夜明くる森や初鴉

元日の一雀躍り庭の面

元日の空青々と淋しけれ

元日の夜もたのしや飾海老

初空や宮灯らねば只の山

数の子や戸棚あくれば直ぐ見えし

伊勢よりも出雲恋しやお元日

お篝を杉にあなどり初鴉

竈火のどろどろ燃えて初御空

初空を映す磧や細り水

打ちあげし羽子翻るとき日の光

つきあげし羽子の白さや風の中

外れ羽子の斜にとんで風の中

遣羽子の聊かの色を好みけり

裏返るもありてかるたのなまめかし

福寿草今年は無くて寝正月

松上にしばし曇りし初日かな

神棚に見えて居るなり歯朶の先

白羽子の二とこ揚り塀の内