和歌と俳句

山口誓子

どんよりと利尻の富士や鰊群来

氷海や船客すでに橇の客

本船へ氷上暮れて往来なく

学問のさびしさに堪へをつぐ

夜を帰る枯野や北斗鉾立ちに

峡深や旗じるしせし鮎の宿

鱚釣りや青垣なせる陸の山

海の門や二尾に落つる天の川

海坂や見えてはるけき鯊の舟

大嶺や裾曲の道を炭車

道庁や雪墜る音の昼餐どき

古びたる午下の日輪川施餓鬼

いとどしき猟夫の狐臭炉のほとり

激つ瀬やのど瀬にかよふ落椿

流氷や宗谷の門波荒れやまず

おほわたへ座うつりしたり枯野星

犬橇かへる雪解の道の夕凝りに

凍港や旧露の街はありとのみ

船客に四顧の氷原街見えず

氷海やはるか一聯迎ひ橇

氷海やはやれる橇にたわむところ

氷海や月のあかりに荷役橇

飾り太刀倭めくなる熊祭

熊ゆきぬ神居のくにへ贄として

雪の上に魂なき熊や神事すむ