和歌と俳句

山口誓子

玄海の冬浪を大と見て寝ねき

北風荒れて帆綱の軋り寝ても聞きぬ

北風強く水夫のバケツの水を奪る

北風強く水夫の口より声攫ふ

ペーチカを焚きてつめたき港あり

ペーチカや遅きあしたの海港に

ペーチカや碇泊の船も煙立つ

芝枯れて瑠璃照壁のごと海は

ペーチカや弾琴次の間に黒き

枯野傾き山を低うせる

草枯れぬ戦をかかる丘にせし

塹壕はあさくことしの草も枯れぬ

馭者の声枯れし麓の野に待てる

墓地枯れぬ戦死者国を亡へり

城塁の枯路ゆかむとしてやみぬ

来ておどろく軍港の冬あたたかき

冬の館弾痕を梁に厚壁に

外套や二百三米突の丘の上に

草枯れしあさき塹壕に下りて見る

枯れ土に銃弾落ちてにほひけむ

ただ見る起き伏し枯野の起き伏し

加農砲天地凍れる夜を昼を

将軍の戦利あらず壕凍てし

乃木少尉落葉松枯れし地にますかや

落葉松は枯れてゆふ日に堪へがたき