和歌と俳句

山口誓子

はたはたは少女の指にやはらかき

はたはたをあはれと放つ掌を見たり

龍胆を摘みてひさしく手にはせる

野に出でて龍胆愛でしけふも暮れぬ

ラグビーの野辺も稲城も狐色

ラグビーの味方も肉を相搏てり

ラグビーの密集胸を腕を踏む

ラグビーの泥を膝蓋に肩胛に

駅さむく高き弧燈に照れるもの

駅に見て冬の太白地に低き

寒き夜の貨車に車掌の燈はあれど

たはけよと罵らへしひとや義士祭

義士祭源吾の齢わが過し

義士祭この世に享けし人の齢

祭らるる義士等妻子棄て去りき

年わかの義士矢頭氏を祭りけり

正月の髷を歌劇に道に見き

春潮やわが総身に船の汽笛

春潮や汽笛のこだまそのこだま

東風の船汽笛真白く吹きやめず

東風の波埠頭の鉄鎖濡れそぼつ

あさ露に苜蓿踏みぬ北見かや

金山の雲のいかづちとよもせる

郭公やねむりのあさき旅の夜を