ばった はたはた

浜荻を高くとびたるばつたかな 石鼎

浪音の地ひゞきにとぶばつたかな 石鼎

はたはたやわぎもが肩を超えゆけり 誓子

はたはたのをりをり飛べる野のひかり 悌二郎

はたはたのかそけき音の夕まぐれ 悌二郎

はたはたは少女の指にやはらかき 誓子

はたはたをあはれと放つ掌を見たり 誓子

はたはたのあがりて関のさまもなし 楸邨

馳けて来し子のはたはたにふとかまへ 立子

はたはたに影及ぼせば飛びにけり 草田男

はたはたや黍引く肩にとびつゞく 

ハタハタは野を眩しみかとびにけり 鳳作

天翔るハタハタの音を掌にとらな 鳳作

秋天に投げてハタハタ放ちけり 鳳作

ハタハタの溺れてプール夏逝きぬ 鳳作

はたはたや体操のクラス遠くあり 波郷

はたはたのとびかひ高く雲遠く 風生

木場の材にばつた押へぬ君が子は 誓子

土の色土色ばつたとゐるときの 誓子

はたはたや退路絶たれて道初まる 草田男

弥撤の堂露のはたはた越えゆくよ 秋櫻子

出勤の足は地を飛びばつた跳ぶ 三鬼

はたはたに蹴られて風のたなごころ 不死男

はたはたの羽音ひまなし月待てば 秋櫻子

はたはた飛んで他人の視線の前へ行きぬ 草田男

からかさにばつたを入れて長い人生 鷹女

はたはたのとべるはるかに礁富士 風生

鼻蹴つてはたはた谷へ忿怒仏 楸邨

跳ぶばつたひとりの強さ肯ふも 不死男

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 ばった 案山子 鳴子 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮秋
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図