啄木鳥 きつつき

木つつきの音や銀杏の散がてら 支考

木つつきの死ネトテ敲く柱哉 一茶

木啄もやめて聞かよ夕木魚 一茶

啄木鳥や行者の道の岩伝ひ 碧梧桐

啄木鳥や山下り勝の庵の主 碧梧桐

牧水
下草の薄ほほけて光りたる枯木が原の啄木鳥のこゑ

牧水
くれなゐの胸毛を見せてうちつけに啼くきつつきの声のさびしさ

白秋
啄木鳥の木つつき了へて去りし時黄なる夕日に音を絶ちしとき

きつつきの幹移りして暮れすすむ 草城

夕されば戸々の竈火や啄木鳥 不器男

啄木鳥の羽美しくうつりけり 石鼎

こもり音に啄木鳥叩くまた叩く 石鼎

啄木鳥にさめたる暁の木精かな 秋櫻子

啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 秋櫻子

啄木鳥や湖の光がくる林 楸邨

啄木鳥や日の円光の梢より 茅舎

啄木鳥や日輪かくす幹不思議 茅舎

啄木鳥のひたにむねうつこの一日 楸邨

啄木鳥に俤も世もとどまらず 楸邨

啄木鳥がつく洋館の木の部分 誓子

啄木鳥や玉垣やぶる音止まず 青畝

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 ばった 案山子 鳴子 落とし水 落ち鮎 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 柘榴 無花果 葡萄 あけび 烏瓜 秋祭り 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮秋
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図