秋の暮

古今集・恋 よみ人しらず
いつとてもこひしからずはあらねども 秋の夕べはあやしかりけり

経信
霧はるるかど田の上のいなかたのあらはれわたる秋の夕ぐれ

俊頼
鶉なく真野の入江の浜風に尾花なみよる秋の夕暮れ

西行
吹きわたる風も哀をひとしめていづくも凄き秋の夕ぐれ

西行
何事をいかに思ふとなけれども袂乾かぬ秋の夕暮

西行
なにとなくものがなしくぞ見え渡る鳥羽田の面の秋の夕暮

西行
萩の葉を吹き過ぎて行く風の音に心みだるる秋の夕ぐれ

西行
ながむれば袖にも露ぞこぼれける外面の小田の秋の夕暮

西行
吹き過ぐる風さへことに身にぞしむ山田の庵の秋の夕暮

新古今集 西行心なき身にもあはれは知られけり鴫たつ澤の秋の夕ぐれ

西行
風の音にもの思ふわれか色染めて身にしみわたる秋の夕暮

新古今集 寂蓮
さびしさはその色としもなかりけりまき立つ山の秋の夕暮

新古今集 寂蓮
村雨の露もまだひぬまきの葉に霧たちのぼる秋のゆふぐれ

式子内親王
ながむれば衣手涼し久方の天の河原の秋の夕暮

式子内親王
ふきむすぶ露も涙も一つにてをさへがたきは秋の夕暮

式子内親王
蟲の音もまがきの鹿も一つにて涙みだるる秋の夕暮

式子内親王
露深き野辺をあはれと思ひしに蟲にとはるる秋の夕暮

新古今集 定家
見わたせば花も紅葉もなかりけり浦のとまやの秋の夕ぐれ

定家
蟲の音にはかなき露の結ぼほれところもわかぬ秋の夕暮

定家
うらめしやよしなき蟲の聲にさへ人わびさする秋のゆふぐれ

良経
物思はでかかる露やは袖に置くながめてけりな秋の夕暮

定家
年毎のつらさと思へどうとまれぬただ今日あすの秋の夕ぐれ

定家
いくかへりなれてもかなし荻原やすゑこすかぜの秋のゆふぐれ

定家
露おつる楢の葉あらく吹く風になみだあらそふ秋のゆふぐれ

定家
これもまた忘れじものを立ちわかれいなばの山の秋の夕ぐれ

なほざりのをのの浅茅におく露も草葉にあまる秋のゆふぐれ 定家

新古今集 良経
おしなべて思ひしことのかずかずになほ色まさる秋の夕暮

良経
なにゆへとおもひもわかぬ袂かなむなしき空の秋の夕暮れ

実朝
われのみやわびしとは思ふ花薄ほにいづる宿の秋の夕ぐれ

実朝
秋を経てしのびもかねに物ぞ思ふ小野の山辺の夕ぐれの空

実朝
かくて猶たえてしあらばいかがせん山田もる庵の秋の夕ぐれ

実朝
なく鹿のこゑより袖にをくか露もの思ころの秋の夕ぐれ

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 茸狩 案山子 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮秋
伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集
お得区案内図