和歌と俳句

藤原良経

吉野山なをしらゆきのふるさとは去年とやいはむ春のあけぼの

年暮れしくもゐの雪けはれそめてたえだえ青きしののめの空

動きなき山のいはねはこたへねど春をそへくる雪のした水

このころは谷の杉むら雪さえてかすみもしらぬ春のやま風

ちさとまでけしきにこむるかすみにもひとり春なき越の白山

雪は残り花もにほはぬ山里にひとり春なるうぐひすのこゑ

逢坂の杉のこかげに宿かりて関路にとまる去年の白雪

春やとき軒端の梅に雪さえてけふまで花の枝にこもれる

春風の吹きにし日よりみ吉野の雪間の草ぞ色まさりゆく

あたらよのながめし花に風ふけば月を残してはる る白雲

ながめこし沖つなみまのはまひさきひさしく見せぬ春霞かな

けふもまた桜に宿をかり衣きつつなれゆく春の山かぜ

雪折れの松を春風ふくからにまづうちとくるうぐひすのこゑ

みやこ人けふのためにとしめし野に朝露はらひ若菜をぞつむ

折る袖の露の香ごとにかけ見れば有明の月も梅の香ぞする

重ぬべきかすみの袖もただひとへいかにやとらむ山の夕かげ

花にあかぬ名残りを思ふ春の日の心もしらぬ鐘の音かな

岩戸あけし神よも今の心ちしてほのかにかすむ天の香具山

春の池のみきはの梅の咲きしより紅くぐるさざなみぞたつ

みやこには霞のよそにながむらむけふ見るみねの花の白雲

ほどもなく枯野の原を焼きしより春の若草もえかはるなり

雪をつる朧月夜に窓をあけて衣手さむき春風ぞふく

千載集・春
ながむればかすめる空の浮雲とひとつになりぬ帰る雁がね

むらさきの庭ものどかにかすむ日の光ともなふ鶯のこゑ

ふるきあとぞ霞みはてぬる高円の尾上の宮の春のあけぼの