和歌と俳句

斎宮女御徽子女王

拾遺集・雑歌
ことのねに 峯の松風 かよふらし いづれのをより しらべそめけん

拾遺集・雑歌
松風の おとにみだるる ことのねを ひけば子の日の 心地こそすれ

拾遺集・雑歌
世にふれば 又もこえけり 鈴鹿山 昔の今に なるにやあるらん

拾遺集・恋
かつ見つつ 影はなれゆく 水の面に かく數ならぬ 身をいかにせむ

拾遺集・雑賀
雨ならで もる人もなき わがやどを 浅茅が原と 見るぞ悲しき

後拾遺集・春
むらさきに やしほそめたる 藤の花 池にはひさす ものにぞありける

後拾遺集・秋
さらでだに あやしきほどの 夕暮に 荻ふく風の 音ぞきこゆる

後拾遺集・雑歌
隠れ沼に 生ふる菖蒲の うきねして 果はつれなく なる心かな

後拾遺集・雑歌
夢のごと おぼめかれゆく 世の中に いつとはむとか おとづれもせぬ

後拾遺集・雑歌
かれはつる 浅茅がうへの 霜よりも けぬべき程を 今かとぞ待つ

後拾遺集・雑歌
ふく風に なびく浅茅は 我なれや 人のこころの あきをしらする

後拾遺集・雑歌
大空に 風まつほどの くものいの 心ぼそさを 思ひやらなむ

金葉集・秋
おほかたに さやけからぬか 月影は 涙くもらぬ 人にとはばや

新古今集・秋
わくらばに 天の川浪 よるながら 明くる空には まかせずもがな

新古今集・秋
ほのかにも 風は吹かなむ 花薄 むすぼほれつつ 露にぬるとも

新古今集・哀傷
袖にさへ秋のゆふべは知られけり消えし浅茅が露をかけつつ

新古今集・哀傷
いにしへのなきに流るるみづぐきは跡こそ袖のうらによりけれ

新古今集・羈旅
人をなほ 恨みつべしや 都鳥 ありやとだにも 問ふを聞かねば

新古今集・恋
馴れゆくは うき世なればや 須磨の蜑の 鹽焼衣 まどほなるらむ

新古今集・恋
霞むらむ 程をも知らず しぐれつつ 過ぎにし秋の 紅葉をぞ見る

新古今集・恋
思ひやる 心は空に あるものを などか雲居に あひ見ざるらむ

新古今集・恋
ぬる夢に うつつの憂さも 忘られて 思ひ慰む ほどぞはかなき

新古今集・恋
なげくらむ心を空に見てしがな立つ朝露に身をやなさまし

新古今集・雑歌
大淀の 浦に立つ波 かへらずは 松のかはらぬ 色を見ましや

新古今集・雑歌
雲ゐ飛ぶ 雁のね近き すまひにも なほ玉づさは かけずやありけむ

新古今集・雑歌
皆人の そむきはてぬる 世の中に ふるの社の 身をいかにせむ