湯原王
月詠の光りに来ませあしひきの山きへなりて遠からなくに

安倍虫麻呂
雨隠る御笠の山を高みかも月の出で来ぬ夜はくたちつつ

大伴坂上郎女
猟高の高円山を高みかも出で来る月の遅く照るらむ

大伴坂上郎女
ぬばたまの夜霧の立ちておほほしく照れる月夜の見れば悲しさ

大伴坂上郎女
山の端のささら愛壮士天の原門渡る光り見らくしよしも

湯原王
天にます月読壮士賄はせむ今夜の長さ五百夜継ぎこそ

湯原王
はしきやし間近き里の君来むとおほのびにかも月の照りたる

藤原八束
待ちかねて我がする月は妹が着る御笠の山に隠りてありけり

人麻呂歌集作者未詳
天の原雪なき宵にぬばたまの夜渡る月の入らまく惜しも


古今集 千里
月みればちぢにものこそかなしけれわが身ひとつの秋にはあらねど

古今集 忠岑
久方の月の桂もあきはなほもみぢすればやてりまさるらむ

古今集 元方
秋の夜の月の光しあかければくらぶの山もこえぬべらなり

後撰集 よみ人しらず
袖にうつる月の光は秋ごとにこよひかはらぬ影とみえつつ

後撰集 深養父
秋の海にうつれる月を立ちかへり浪はあらへど色もかはらず

後撰集 貫之
衣手はさむくもあらねど月影をたまらぬ秋の雪とこそ見れ

拾遺集元輔
飽かずのみ思ほえむをばいか ゞせんかくこそは見め秋の夜の月

好忠
隈ごとにここらさやけき秋の月小倉の山のかげはいかにぞ

金葉集 俊頼
すみのぼる心や空をはらふらむ雲の塵ゐぬ秋の夜の月

詞花集 藤原朝隆朝臣
引く駒にかげをならべて逢坂の関路よりこそ月はいでけれ

詞花集 隆縁法師
秋の夜の露もくもらぬ月をみて置きどころなきわがこころかな

詞花集 大江嘉言
秋の夜の月まちかねておもひやる心いくたび山をこゆらむ

詞花集 藤原忠兼
秋山の清水はくまじにごりなばやどれる月のくもりもぞする

詞花集 花山院御製
秋の夜の月にこころのあくがれて雲ゐにものを思ふころかな

千載集 俊頼
こがらしの雲吹きはらふ高嶺よりさえても月の澄みのぼるかな

千載集 藤原実定
月見ればはるかに思ふ更級の山も心のうちにぞありける

千載集 俊頼
あすも来む野路の玉川萩こえて色なる波に月やどりけり

千載集 崇徳院御歌
玉寄する浦わの風に空晴れてひかりをかはす秋の夜の月

千載集 藤原公能
さ夜ふけて富士の高嶺に澄む月はけぶりばかりやくもりなるらん

千載集 俊成
いしばしる水の白玉かず見えて清滝川に澄める月かな

千載集 清輔
塩竈の浦吹く風に霧晴れて八十島かけて澄める月かげ

千載集 俊頼
思ひぐまなくても年の経ぬるかな物いひかはせ秋の夜の月

千載集 基俊
山の端にますみの鏡掛けたりと見ゆるは月の出づるなりけり

千載集 藤原道経
秋の夜や天の川瀬はこほるらん月のひかりのさえまさるかな

千載集 俊恵
ながめやる心のはてぞなかりける明石の沖に澄める月かげ

千載集 藤原親盛
浅茅原葉末にむすぶ露ごとにひかりを分けてやどる月かげ

千載集 紫式部
おほかたの秋のあはれを思ひやれ月に心はあくがれぬとも

新古今集 式子内親王
ながめわびぬ秋より外の宿もがな野にも山にも月やすむらん

新古今集 慈円
ふけゆかばけぶりもあらじしほがまのうらみなはてそ秋の夜の月

新古今集 良経
深からぬ外山のいほのねざめだにさぞな木の間の月はさびしき

新古今集 家隆
秋の夜の月やをじまのあまのはら明がたちかき沖の釣舟

新古今集 慈円
憂き身にはながむるかひもなかりけり心に曇る秋の夜の月

新古今集 千里
いづくにか今宵の月の曇るべきをぐらの山も名をやかふらむ

新古今集 式子内親王
ふくるまでながむればこそ悲しけれ思ひもいれじ秋の夜の月

三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅
お得区案内図