秋の水

狼の浮木に乗や秋の水 其角

眠たる目をあらはばや秋の水 去来

田におちて田を落行や秋の水 蕪村

二またに細るあはれや秋の水 蕪村

白髭の笠木も見えて秋の水 召波

山陰や日あしもささず秋の水 子規

底見えて魚見えて秋の水深し 子規

翡翠の来らずなりぬ秋の水 子規

三方は竹緑なり秋の水 漱石

藪影や魚も動かず秋の水  漱石

藻ある底に魚の影さす秋の水  漱石

配達ののぞいて行くや秋の水  漱石

晶子
秋の水なかの島なるおん寺の時鐘うちぬ月のぼる時

晶子
松の幹泣ける女の目の色すその島かこむ初秋の水

藻を刈りて泥流れ去りつ秋の水 碧梧桐

秋の水冷々として鐘の下 碧梧桐

秋水に根をひたしつも畳草 鬼城

秋水や生えかはりたる眞菰草 鬼城

秋水や礫を鳥の驚かず 虚子

さざめきて秋水落つる山家かな 普羅

身かはせば色変る鯉や秋の水 汀女

晶子
秋の水穂薄ほどのかすかなる銀を引くなり山荘の門

秋水やすてしづみたる古扇 蛇笏

藻に弄ぶ指蒼ざめぬ秋の水 久女

晶子
秋の水もの悩みして曇るなり信濃の渋の山あひに入り

晶子
秋の水麻の綱をば赤土に掛けたる山の下道を行く

落ち合ひて澄まんとするや秋の水 普羅

逆立ちて藻を出し魚や秋の水 石鼎

秋水に高く架れる小橋かな 草城

秋水蕩々として慕情楫の音 草城

秋の水湛へし下に湯壷かな 茅舎

秋水のおのづからなる水輪かな たかし

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 鬼灯 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図