きりぎりす はたおり

古今集 藤原忠房
きりぎりすいたくな鳴きそ 秋の夜のながき思ひは我ぞまされる

古今集 よみ人しらず
秋萩も色づきぬれば きりぎりす わがねぬごとや夜はかなしき

後撰集 貫之
秋風の吹きくるよひはきりぎりす草のねごとにこゑみだれけり

後撰集 貫之
わがごとく物やかなしききりきりす草のやどりにこゑたえずなく

金葉集 前齋院六條
露しげき野邊にならひてきりぎりす我が手枕の下に鳴くなり

俊頼
きりぎりす丘の萱根に夜もすがらなくね身にしみ秋は来にけり

俊頼
きりぎりすわがよもきふに生い立ちてなぞや主にねをなかすらん

俊頼
鳴きかへせ秋に遅るなきりぎりす暮れなばこゑのよはるのみかは

西行
夕されや玉うごく露の小ざさ生に聲まづならす蛬かな

西行
ひとりねの寢ざめの床のさむしろに涙催すきりぎりすかな

西行
きりぎりす夜寒になるを告げがほに枕のもとに來つつ鳴くなり

西行
物思ふねざめとぶらふきりぎりす人よりもけに露けかるらむ

西行
ひとりねの友にはならで蛬なく音をきけば物思ひそふ

西行
月のすむ淺茅にすだくきりぎりす露のおくにや秋を知るらむ

定家
身にかへて秋やかなしきりぎりすよなよなこゑををしまざるらむ

定家
夜をかさねはたおる虫の急ぐかな草のたもとの露や冴ゆらむ

定家
別れなむゆくへやいかにきりぎりす秋はねざめの友と頼みて

新古今集 良経
きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む

実朝
秋ふかみ露さむき夜のきりぎりすただいたづらにねをのみぞなく

実朝
あさぢ原露しげき庭のきりぎりす秋ふかき夜の月に鳴なり

実朝
秋の夜の月の都のきりぎりす鳴は昔のかげやこひしき

実朝
野辺見れば露霜寒ききりぎりす夜の衣のうすくやあるらん

実朝
きりぎりす夜はの衣の薄き上にいたくは霜のをかずもあらなむ

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集
お得区案内図