鈴虫

拾遺集 伊勢
いづこにも草の枕を鈴虫はここを旅とも思はざらなん

後拾遺集 大江公資
とやかへりわがてならししはし鷹のくるときこゆる鈴虫の聲

後拾遺集 公任
年へぬる秋にもあかず鈴虫のふり行くままに聲のまされば

返し 四條中宮
たづねくる人もあらなん年をへてわがふるさとのすずむしの聲

後拾遺集 大江匡衡
秋風に聲よわり行く鈴虫のつひにはいかがならんとすらん

源氏物語・桐壺
鈴虫の声の限りを尽くしても長き夜飽かず降る涙かな

和泉式部
鈴蟲の聲ふりたつる秋の夜は哀にもののなりまさるかな

俊頼
数ならでふりぬることを鈴虫のなきかはしても明かしつるかな

詞花集 橘為仲朝臣
ふるさとにかはらざりけり鈴虫の鳴海の野邊のゆふぐれのこゑ

西行
おもひおきし淺茅が露を分け入ればただわずかなる鈴虫の聲

西行
草ふかみ分け入りて訪ふ人もあれやふり行く宿の鈴むしの聲

定家
鳥邊山ふり行くあとをあはれとや野邊の鈴蟲つゆになくらむ

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内