刈萱 かるかや

新古今集 是則
うらがるる浅茅が原のかるかやの乱れて物を思ふころかな

千載集 源師頼
秋来れば思ひみだるるかるかやのした葉や人の心なるらん

千載集 延久第三親王家甲斐
おしなべて草葉のうへを吹く風にまづした折るる野邊のかるかや

千載集 藤原道経
ふみしだき朝行く鹿や過ぎつらんしどろに見ゆる野べのかるかや

千載集 平経正
いかなればうは葉をわたる秋風にした折れすらん野べのかるかや

俊成
荻原や繁みにまじる刈萱のした葉が下に萎れはてぬる

西行
籬あれて薄ならねどかるかやも繁き野邊とはなりけるものを

定家
たづぬれば庭のかるかや跡もなく人やふりにし荒れ果てにけり

定家
あさまだき千草の花もさておきつ玉ぬく野邊のかるかやの露

俊成
かみかぜや宮野の原の刈萱を刈られて秋も過ぎむものかは

定家
かるかやのしげみ分け来し故郷はあはでもいなむ心みえなば

実朝
夕されば野路の刈萱うちなびきみだれてのみぞ露も置きける

曙覧
敏鎌とりかりしかるかや葺そへて聞ばや庵のあきの夜の雨

一葉
吹まよふ野風をあらみかるかやのみだれ心は知る人ぞしる

牧水
吾木香すすきかるかや秋くさのさびしききはみ君におくらむ

山頭火
かるかやへかるかやのゆれてゐる

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 秋の草 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内