秋海棠

秋海棠西瓜の色に咲にけり 芭蕉

手拭に紅のつきてや秋海棠 支考

女こびて秋海棠に何思ふ 子規

妹が庭や秋海棠とおしろいと 子規

画き習ふ秋海棠の絵具哉 子規

臥して見る秋海棠の木末かな 子規

秋海棠に鋏をあてること勿れ 子規

北に向いて書院椽あり秋海棠 漱石

夕暮の秋海棠に蝶うとし 漱石

出入りの瀬戸川橋の両側に秋海棠は花多く持てり 左千夫

朝川にうがひに立ちて水際なる秋海棠をうつくしと見し 左千夫

朝顔は都の少女秋海棠はひなの少女か秋海棠吾は 左千夫

杉村のあはひ洩る日のほがらかに秋海棠の花露にぬれたり 千樫

石灰を秋海棠にかくるなよ 鬼城

病める手の爪美くしや秋海棠 久女

蕋の黄を堅く啣みぬ秋海棠 風生

秋海棠にそゝぐはげしや軒の雨 淡路女

色づきや秋海棠の茎の節 青畝

山の木に霧ながれつつ渓のべにうすくれなゐの秋海棠の花 千樫

杉むらのあはひ洩る日のほがらかに秋海棠の花露にぬれたり 千樫

秋海棠うつりて匂ふ谷川の水ふみてゆく心ひそけさ 千樫

天の原清澄の山おきつ谷世にこもりたる秋海棠の花 千樫

いびつなる秋海棠の広葉かな 立子

塀高く秋海棠の小庭かな 立子

雨到り障子を濡らす秋海棠 青邨

書を愛し秋海棠を愛すかな 青邨

ここの山我が聴く方ゆ日照雨して庫裏戸に濡るる秋海棠の花 白秋

秋海棠きらめく露をよそにかな 万太郎

秋海棠母を大事の家のさま 汀女

雲に濡れ秋海棠の茎の紅 悌二郎

秋海棠霧ふかきより羽音たつ 悌二郎

花よりも濃き紅の茎秋海棠 みどり女

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 蟷螂 名月 今日の月 月見 良夜 無月 雨月 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋の海 秋刀魚 鰯雲 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内