和歌と俳句

秋の夜

和泉式部
たのめなる 人はなけれど 秋の夜は 月みで寝べき 心ちこそせね

金葉集 藤原範永朝臣
すむ人も なき山里の 秋の夜は 月の光も さびしかりけり

季通
秋の夜は 松をはらはぬ 風だにも 悲しきことの ねをたてずやは

寂蓮
鹿のねに 思ひをわくる 秋の夜は 身よりほかにも ものぞ悲しき

定家
秋の夜は 雲地をわくる かりがねの あとかたもなく 物ぞかなしき

秋の夜を打崩したる咄かな 芭蕉

甲賀衆のしのびの賭や夜半の秋 蕪村

枕上秋の夜を守る刀かな 蕪村

子鼠のちゝよと啼くや夜半の秋 蕪村

秋の夜や古き書よむ南良法師 蕪村

住むかたの秋の夜遠く火影哉 蕪村

己が身の闇より吼て夜半の秋 蕪村

嵐雪にふとん着せたり夜半の秋 蕪村

あきの夜やそろりと覗く君が門 暁台

逢坂の町や針研夜半の秋 几董

妓王寺へ六波羅の鐘や夜半の秋 几董

あきの夜や自問自答の気の弱 太祇

秋の夜をあはれ田守の鼓かな 召波

我庵へなき魂かへれ夜半の秋 白雄

秋の夜を小鍋の鯲音すなり 白雄

秋の夜や旅の男の針仕事 一茶

秋の夜の独身長屋むつましき 一茶

秋の夜や隣を始しらぬ人 一茶

秋の夜やしやうじの穴が笛を吹く 一茶

良寛
秋の夜は 長しと言へど さす竹の 君と語れば おもほえなくに

秋の夜や学業語る親の前 碧梧桐

茂吉
ほそほそと こほろぎ鳴くに 壁にもたれ 膝に手を組む 秋の夜かも

啄木
やとばかり 桂首相に 手とられし 夢みて覚めぬ 秋の夜の二時

晶子
注ぎたれば 油壼なる 油尽く ものあぢきなき 秋の夜半かな

牧水
白玉の 歯にしみとほる 秋の夜の 酒はしづかに 飲むべかりけれ

秋の夜の敷き寝る袴たゝみけり 久女

汝を泣かせて心とけたる秋夜かな 久女

秋の夜や雨ともならず草津橋 万太郎

秋の夜やあまへ泣き居るどこかの子 久女

ひとり寝の身のぬくもりや秋の夜 蛇笏

人去りし座のぬくみ踏む秋夜かな 月二郎

秋の夜やたのしみて書く文長し 草城

秋の夜や紅茶をくぐる銀の匙 草城

秋の夜やすすりなきするマンドリン 草城

秋の夜の酒盃にひびく瀬音かな 草城