與謝蕪村

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

燈籠を三たび挑げぬ露ながら

山は暮て野は黄昏の

薄見つ萩やなからむ此ほとり

うら枯やからきめ見つる漆の樹

茸狩や頭を挙れば峰の月

落穂拾ひ日あたる方へあゆみ行

稲妻や堅田泊りの宵の空

細腰の法師すずろにかな

明かゝるも秋のあはれかな

子鼠のちゝよと啼くや夜半の秋

秋の夜や古き書よむ南良法師

いな妻や佐渡なつかしき舟便り

女郎花そも茎ながら花ながら

故郷や酒はあしくとそばの花

名月や夜は人住ぬ峰の茶屋

門を出れば我も行人秋のくれ

門を出て故人にあひぬ秋のくれ

鹿ながら山影門に入日哉

黄に染し梢を山のたゝずまゐ

秋の風書むしばまず成にけり

姓名は何子か号は案山子

水落て細脛高きかがし

身のや今宵をしのぶ翌もあり

貴人の岡に立聞きぬたかな

おもひ出て酢つくる僧よ秋の風

白露や家こぼちたる萱のうへ

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図