灯籠 盆灯篭 盆提灯

燈籠を三たび挑げぬ露ながら 蕪村

行ほどに上京淋し高燈篭 召波

灯籠の火で飯を食ふ裸かな 一茶

うつくしき燈籠の猶哀れ也 子規

燈籠の火消えなんとす此夕 子規

亡き魂に手向くる檐の燈籠は淋しき秋のはじめなりけり 子規

里の灯を力によれば燈籠かな 漱石

大船の舳に魂を呼ぶ燈籠かな 碧梧桐

この海の供養にともす燈籠かな 碧梧桐

六十になりて母無き燈籠かな 虚子

黍の中に灯籠ともす小家かな 虚子

灯籠提げて木の間の道の七曲り 鬼城

燈籠のさみしく灯る真昼かな 鬼城

本堂に消さで尚ある燈籠かな 石鼎

祖母在ますごと灯籠を吊りにけり 亞浪

燈籠や海すこしみえ切通し 万太郎

盆燈籠の下ひと夜を過ごし故里立つ 放哉

燈籠の西日に晒るる二階かな 風生

山賤や用意かしこき盆燈籠 蛇笏

燈籠に寄せて明るき目鼻かな 草城

燈籠を見る児いみじくゑまひけり 草城

松の闇水の彼方の燈籠かな 月二郎

灯のいろのしづけき宵ぞ絵燈籠 秋櫻子

燈籠に母思ふ事しげしげと かな女

母に吊る盆燈籠を消さじとぞ かな女

燈籠に醜老の顔照さるゝ 誓子

燈籠に仕ふる沙彌の目鼻かな 夜半

燈籠のおのづからなる長尾かな 夜半

秋草の一つは消えし燈籠かな かな女

燈籠に荷だくさんの狐かな 青畝

燈籠や仏づとめに子のはべる 月二郎

たくさんの墓燈籠をともすもの 夜半

大いなる燈籠の手の影法師 夜半

向きあうておなじ燈籠草の宿 悌二郎

消えてゐし灯のもどりくる燈籠かな 夜半

白紙を張りあましある燈籠かな 夜半

灯籠にしばらくのこる匂ひかな 林火

盆燈籠真白き房に風見えて 淡路女

おもひでのかなしき燈籠ともしけれ 万太郎

燈籠に立つ影に寄る影のあり 亞浪

灯籠は粗末に僧は大智識 素十

山蛾食ひ切子ふたたび明もどす 多佳子

山霧にしめりて明き燈籠かな 麦南

孤つ家の桐葉がくりぬ盆燈籠 蛇笏

座蒲団のならび燈籠灯くひと間 素逝

家のうちあはれあらはに盆燈籠 風生

燈籠を吊ればまひるも宵に似ぬ 林火

山墓の枝につられし盆燈籠 蛇笏

盆提灯ありとしもなき風にゆれ 万太郎

盆提灯比翼しづかに灯りけり 万太郎

墓の樹の夜雨にぬるるは盆燈籠 蛇笏

簾垂る盆提灯はきえしかど 万太郎

身の闇や盆提灯のきえしとき 万太郎

切子点く寂光濾せる紙の質 多佳子

燈籠は油火なれど宙照らす 誓子

燈籠に海山とほきおもひかな 万太郎

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
お得区案内図