稲の花

稲の花吸はぬを蝶の艶哉 言水

いくばくの人の油よ稲の花 一茶

稲の花道灌山の日和かな 子規

南無大師石手の寺よ稲の花 子規

稲の花今出の海の光りけり 子規

二の門は二町奥なり稲の花 子規

湯治二十日山を出づれば稲の花 子規

湯槽から四方を見るや稲の花 漱石

孔孟の道貧ならず稲の花 漱石

雨に出しが行手の晴れて稲の花 碧梧桐

軽き荷を酔うてかつぐや稲の花 虚子

豊かなる国土の日かな稲の花 麦南

稲の花咲くべくなりて白雲は幾重の上にすぢに棚びく 茂吉

酒折の宮はかしこや稲の花 虚子

法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 流星 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花 野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内