和歌と俳句

河東碧梧桐

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

ぎいと鳴る三つの添水の遅速かな

淋し寒し出羽の清水後の月

水菊の花や慈覚の露の降る

飲みつぎて倒れず戻る十三夜

菌干す下に南山と菊を見る

菊の日を雪に忘れず温泉となりぬ

葉芋高き宿にとまるや晴三日

果知らず記のあとを来ぬ秋の風

虫干の寺に掃苔の供養かな

貝堀りの戻る濡身や三日の月

糧を載せてひそかなる舟や三日の月

や人住まはせし荒蕪の地

草刈れば木槿花さく草場かな

小藩分立由利一郡の案山子かな

待つ人に裾野にあへり夕蜻蛉

雨に出しが行手の晴れて稲の花

民の訴訟届かぬを去ぬ燕かな

足下にヒヨコ来鳴くや霧の中

神業の晴れずの霧や山の湖

雲霧や風は神よばひしてや鳴る

葉白く変る草あり百舌鳥の贄

宿乞ひし寺や芭蕉に目覚めけり

領境牧場も置かず花野かな

露に来て絵天井見る小寺かな

魔がさすといふ野日高しちゝろ虫