和歌と俳句

子規
武蔵野の 萩わけゆけば わが袖に 結ぶとしらで 結ぶ露哉

つるつると笠をすべるや露の玉 子規

白露に家四五軒の小村哉 子規

白露や芙蓉したたる音すなり 漱石

はらはらとせう事なしに萩の露 漱石

鹹はゆき露にぬれたる鳥居哉 漱石

きぬぎぬや裏の篠原露多し 漱石


あまの川棚引きわたる眞下には糸瓜の尻に露したゞるも

露の草碑埋りしこのあたり 碧梧桐

露深き草の中来ぬ塔の下 碧梧桐

八十神の御裳裾川や露時雨 碧梧桐

炊ぎつつながむる山や露の音 蛇笏

暁のどの峰低し露の中 万太郎

左千夫
今朝のあさの露ひやひやと秋草や総て幽けき寂滅の光

月うらとなる山越や露時雨 石鼎

蔓踏んで一山の露動きけり 石鼎

晶子
しら露はわがくねりたる紅の菊うす黄の菊をあなづりて置く

芋の露連山影を正うす 蛇笏

杉間よりこぼれ居る旭や露の草 石鼎

露冷えに醒めてもわれは一人かな 石鼎

庵の灯のとゞく限りや露の庭 石鼎

荷をおろす馬にともすや露の秋 石鼎

露如何に流れ終りし竹の幹 石鼎

金剛力出して木割や露の秋 蛇笏

つまだちて草鞋新たや露の橋 蛇笏

露の中飛行船今あがりけり 万太郎

疾くゆるく露流れ居る木膚哉 泊雲

風出たる椎の大樹や露時雨 風生

墓の頭へ露樹間遠に落雫 青畝

一本の薪にも凝りて道の露 泊雲

焼け跡の草あれば露あげてゐる 亞浪

日あたりてけぶりそむなり露葎 青畝

しろじろと蔽ひて広し露葎 青畝

露の蟻瓢の肩をのぼりけり 青畝

白露や草の中なる手水鉢 泊雲

露時雨月代あかり華やかに 泊雲

白露や天へするどき紫苑の葉 泊雲

茂吉
月かげのしづみゆくころ置きそふる露ひゆらむかこの石のうへ

白露にないがしろなり葛の花 青畝

母が裾仏華剪りきし露まみれ 爽雨

静けさや蘭の葉末の露一つ 草城

磐一打露の渓山谺かな 草城

みささぎや響き落ちたる松の露 草城

病み合うて別れ話や露の秋 草城

いたづけば露も心に沁むばかり 草城