和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

白河や二度こゆる時秋の風

秋風や妙義の山に雲はしる

秋風や人あらはなる山の宿

天の川高燈籠にかかりけり

宿もなき旅の夜更けぬ天の川

山の温泉や裸の上の天の川

稲妻をしきりにこぼす夕哉

白露に家四五軒の小村哉

暁のしづか也中禅寺

朝顔の花やぶれけり初嵐

恙なきや庵の蕣初嵐

ものうさは日の照りながら野分

しづしづと野分のあとの旭かな

名月やわれは根岸の四畳半

名月や上野は庵の帰り道

雪の富士花の芳野もけふの月

名月や大路小路の京の人

橋二つ三つ漕ぎ出でて月見

一寸の草に影ありけふの月

待宵や降ても晴ても面白き

山高く小にして人舟にあり

鯉はねて月のさざ波つくりけり

社を出れば十六宵の月上りけり

葉まばらに柚子あらはるる後の月

ながながと安房の岬や秋の海