和歌と俳句

正岡子規

方丈や月見の客の五六人

名月や寺の二階の瓦頭口

あら波や二日の月を捲いて去る

月ならば二日の月とあきらめよ

我国に日蓮ありて后の月

月暗し一筋白き海の上

須磨の海の西に流れて月夜哉

読みさして月が出るなり須磨の巻

藍色の海の上なり須磨の月

上る大仏殿の足場かな

絶壁の草動きけり秋の風

ともし火を見れば吹きけり秋の風

船よする築嶋寺や秋の風

秋風や囲ひもなしに興福寺

右京左京中は畑なり秋の風

般若寺の釣鐘細し秋の風

古里や小寺もありて秋の風

秋風や平家弔ふ経の声

秋風や生きてあひ見る汝と我

送られて一人行くなり秋の風

秋風や高井のていれぎ三津の鯛

無住寺に荒れたきままの野分

豆腐買ふて裏道戻る野分哉

天の川浜名の橋の十文字

鳥消えて舟あらはるる霧の中