和歌と俳句

花薄 薄の穂 尾花

君が手もまじるなるべし花薄 去来

百疋の馬に模様や花すすき 涼菟

花すすきひと夜はなびけ武蔵坊 蕪村

村をばな夕越えゆけば人呼ふ 暁台

を花散や鬢の毛を吹風の筋 暁台

伸上る富士のわかれや花すゝき 几董

秋の日やうすくれなゐのむら尾花 青蘿

既になき色を秋ふる尾花かな 青蘿

秋風の尾花吹きしく夕暮は渚によする波かとぞ思ふ 良寛

秋風になびく山路のすすきの穂見つつ来にけり君が家べに 良寛

あしびきの山のたをりに打ちなびく尾花たをりて君が家べに 良寛

み山べの山のたをりにうちなびく尾花ながめてたどりつつ来し 良寛

一葉
中々にあらくは吹かぬ風ゆゑにみだれてなびく花薄かな

子規
武蔵野や畠の隅の花芒


秋風はいまか吹くらし小林に刈らでの芒穗にいでそめつ


大ふねの舳の松の野の穗芒は陵のへに靡びきあへるかも

蛇笏
花すすき小垣の昼を鶏鳴いて


秋の空ほのかに燒くる黄昏に穗芒白し闇くしなれども

長短の風になびくや花薄 漱石



  • 震災忌
  • 野分
  • 三日月
  • 秋の夜
  • 夜長
  • 花野
  • 秋の草
  • 刈萱
  • 撫子
  • 桔梗
  • 女郎花
  • 藤袴
  • 葛の花
  • 松虫
  • 鈴虫
  • 馬追
  • 蟋蟀
  • 竈馬
  • きりぎりす
  • くつわむし
  • 鉦叩
  • 蟷螂
  • 名月
  • 今日の月
  • 月見
  • 良夜
  • 無月
  • 雨月
  • 十六夜
  • 蜻蛉
  • 燕帰る
  • 秋燕
  • 彼岸花
  • 鶏頭
  • 葉鶏頭〔雁来紅〕
  • 秋の海
  • 秋の波
  • 秋の浜
  • 秋刀魚
  • 鰯雲
  • 秋海棠
  • 竜胆
  • コスモス
  • 吾亦紅
  • 露草
  • 蕎麦の花
  • 糸瓜
  • 鬼灯
  • 唐辛子
  • 唐黍
  • 木犀
  • 冷やか
  • 秋の水