松岡青蘿

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

名月や地に引替る天の川

名月や松にかゝれば松の花

筆とりて四隅にわかる月見

稲の香の満るを今宵月の雲

十六夜や闇かと見れば花すゝき

いざよひや芭蕉の上は皆月夜

秋の雨月に対して猶悲し

秋雨や一羽烏の帰るそら

ともし火に風打付るきぬた

此頃の銀河や落てそばの花

月を実にむすびやすらんそばの花

春秋と移る夢路や雁の声

羽音さへ聞えて寒し月の雁

粟の穂やひとほしづみて啼鶉

鹿の声高根の星にさゆるなり

角の上に暁の月や鹿の声

三日月にかいわるきくの莟哉

雨の菊かくれ過たるけしき哉

暁はまことの霜や後の月

後の月蕎麦に時雨の間もあらね

秋の日やうすくれなゐのむら尾花

既になき色を秋ふる尾花かな

鶏頭の黄なるも時を得たる哉

鶏頭や倒るゝ日迄色ふかし

戸口より人影さしぬ秋の暮

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句